三浦百惠さんの新作キルトも!
布と糸で紡いだアート作品

ぬくもりの芸術(アート) キルトが紡ぐ世界〜第19回東京国際キルト展〜

1月25日(土)[BSプレミアム]前11:00

東京ドームいっぱいにおよそ1,800点のキルトが展示される「東京国際キルトフェスティバル」(1月23日~1月29日)。20万人以上が来場するキルトの祭典の様子を番組で紹介します。

また、番組では特別に30数年間で100作以上の作品を作ってきた、元歌手の三浦(旧姓・山口)百惠さんの作品の裏側にある心温まる物語もお届け。今までキルトを知らなかった方から、キルト愛好家の方まで、存分にキルトの世界を堪能できます。梅田亜矢プロデューサー、白瀬昌美プロデューサーに番組のことやキルトの魅力をたっぷりと教えてもらいました。

「キルト」ってそもそも…

──実は、キルトを見るのは初めてなんです。

梅田:私も一年半ほど前から「すてきにハンドメイド」(Eテレ)を担当するようになって、初めてキルトに触れました。なので未経験者の立場に近いです。当初は、「キルトという言葉は聞いたことはあるけど、よく知らない…。スコットランドの男性が伝統衣装として腰に巻いている布も何か関係があるんだっけ…?」というレベルでした(笑)。私と同じように、言葉は知っているけど、そもそもどんなものなの?という方は多いと思うんです。番組では、キルトが好きな人はもちろん、これまで知らなかった方にもそのすばらしさを紹介していきたいです。

白瀬:私は、「すてきにハンドメイド」を長く担当したので、自分でもちょっと作ったりしています。キルトを知ると本当におもしろいですよ。

──ズバリ! キルトとはなんですか?

白瀬:表となる布と裏地となる布の間に「綿」を入れて、それを三枚まとめて縫い合わせていくことを“キルティング”と言います。そして、仕立てたものを“キルト”と言います。昔はイギリス、アメリカで主にベッドカバーや防寒の下着として作られていましたが、番組のタイトルにもあるように、アート作品としても作られるようになりました。

「ビバ!ユートピア」鷲沢玲子

百惠さんのひと針は、全国のキルターさんのひと針

──キルトの知識がなくても、番組を楽しめますか?

梅田:はい。今回は、キルトってどういうものかということから入り、キルトの歴史もひも解きます。十字軍とキルトの関係や、産業革命で一気にキルトの世界が花開いた経緯など、意外とおもしろいんです。また、一番の見どころは、元歌手の三浦百惠さんが、芸能界を引退後、こつこつと生活の中で作り続けてこられたキルト作品を創作エピソードとともにご紹介することです。

「夜会」三浦百惠
今年の新作です!

白瀬:百惠さんは30数年間で100作以上の作品を作られていて、すばらしい技術をお持ちです。去年、今までの集大成として、作品集を出版されました。長年キルトの指導を受けてきた鷲沢玲子さんや夫・三浦友和さんの後押しがあったのと、また東日本大震災の被災地復興の寄付にもつながれば、と出版を決意されたそうです。作品集は大変話題になりましたが、百惠さんも世界中にいるキルターさんの一人。毎日育児や家事をこなし、時間を見つけては、ひと針ひと針縫って作品を作り続けてきたのです。番組では、百惠さんのエピソードを取り上げますが、暮らしと生活を大切にしながら、こつこつとキルトを作り続けてきた、日本中のキルター皆さんの物語でもあると考えています。
(※三浦百惠さんの出演はありません)

──キルトフェスティバルの様子だけではなく、キルト作品に込められたエピソードも知ることができるんですね。

白瀬:一人の主婦であり、母である百惠さんをキルターの代表として、手仕事がどれだけ人生を豊かにしてきたかが伝わればと思います。東京ドームの会場には百惠さんの新作が一枚のみ展示されますが、番組では、小さなものから大きなものまで、数々の作品を紹介します。

梅田:一枚のキルトを完成させるのには、ものすごく時間がかかるんです。手縫いだと数年かかることも。既製品があふれているこの時代に、忙しい中、合間をぬって作っている方の生き方を知っていただくという意味でも、百惠さんのエピソードを今回ご紹介できることはとても意味があることだと思っています。

作品に関わってきた人々の物語が詰まっているんです

──百惠さんのエピソードは、どんなふうにご紹介するのですか?

梅田:百惠さんのお師匠さんでもあり、日本のトップキルターのひとりでもある鷲沢玲子先生がスタジオに登場します。おふたりは師と弟子であり、親友のようなご関係。「こんなの作ってみたら?」と百惠さんに助言をされてきた鷲沢先生に、彼女の創作エピソードをお話しいただく形にしようと思っています。

白瀬:番組では百惠さんの裁縫道具もご紹介します。お針箱は百惠さんが学生時代にドーナツ屋さんのおまけでもらった缶。針やハサミなどの道具も小学校5年生の家庭科用に使っていたものを今でも大切にされているんです。すばらしい大作の数々が、このささやかなお針箱から生み出されているのかと思うと、親近感が湧きます。日本全国で作り続けている名もないキルターさんたちの代弁者としてのエピソードにもぜひ、注目していただきたいです。

百惠さんのお針箱

──キルターさんたちの裏側にはたくさんのドラマがありそうですね。

梅田:一枚のキルトには、作り手がそこに込めた思いや、人生の懐かしい記憶がタイムカプセルのようにギュッと詰まっています。百惠さんのキルトには、ご家族とのさまざまな思い出や、また、キルトを通して出会った仲間たちとの友情など、たくさんの物語が刻まれているんです。

白瀬:大人になってから心が通じ合える友達を作るのはなかなか難しいですよね。お互い情報交換もあれば、切磋琢磨せっさたくまして技術アップをめざしたり。そういう意味でもキルトを通してのつながりのすばらしさをお伝えしつつ、まずは最初のひと針を皆さんもぜひ初めてほしいです!

──なかなか始めるきっかけが…。

白瀬:私はイライラしているときは寝る前に10分でも縫いものや、編みものをすると心が落ち着くんです。実際、海外では傷を負った兵士がキルトを作っていたそうです。ヒーリング効果ですね。

梅田:縫い物をやらない側からすると、疲れて帰ってきてそこから縫いものをやるなんて、かえってストレスになりそうと思ってしまいますよね。やる前は、まさか心が安らぐなんてと思うけど、でもやってみるととても癒やしになるんです。

白瀬:だからこそ、楽しさをどうやって伝えたらいいかを探りながら、どんな番組にするのか考えています。

──さまざまなキルトが番組や展示会でも登場しますが、見るときのポイントはあるのでしょうか?

白瀬:基本的には、全体のデザインと布使いと、針目(縫い目)の美しさがポイントでしょうか。とはいえ、キルトも絵画と同じ。好きに見ていいんです!

梅田:去年までは私も「縫い目の美しさ」と言われてもよく分からなくて、「へえ」という感じで見ていたんです。でも実際にちょっとやってみると、まっすぐに縫うことだけでもいかに大変かがわかりました。ましてや、あれだけの大作、キルターさんたちがどれほどのエネルギーを込めて作っているのかと想像するだけで、鑑賞の仕方が変わりました。もちろん何も知らなくても、作品そのものの美しさは十分楽しめると思いますが、ほんの少し、背景にある製作のプロセスや技、作者が込めた思い、その当時のエピソードがわかると、さらに深くキルトを味わえると思います。

──キルトの魅力が盛りだくさんの番組になりそうですね。

梅田:番組では、キルトフェスティバルの中で、新たな試みをされている先生たちの作品もご紹介する予定です。キルトの良さを知っていただくために、番組も工夫をこらしているので、キルトの歴史から今年の作品の魅力、そして百惠さんの制作秘話までご堪能いただけたらうれしいです。

白瀬:ものを作る楽しみを知らずに一生を終えるのは本当にもったいないと思います。キルトを知らない方にも、ぜひ見ていただきたいです。きっとやってみたくなると思いますよ。

キルトフェスティバルでは、特別企画として、第一線のキルト作家が愛する音楽の世界を表現したキルトや、19世紀初頭以降のイギリスで作られた歴史的かつ貴重な名品が展示されます。番組でもその一部をご紹介!

「輝いて」キャシー中島

ハワイアンキルトの第一人者、キャシー中島さんが作製された出来たての新作が登場!
近年映画でも話題となり、キャシーさんが大好きなクイーンへのオマージュを込めたハンドメイキングの作品です。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

「レッドマナーハウスのアップリケカバレット」作者不明

現在のキルトのスタイルが確立されたとされる英国のアンティーク・キルトもご紹介。歴史の中のおもしろいエピソードが登場します。

キルトフェスティバルでは、コンテスト受賞作品が展示されます。プロ・アマ問わず国内外から、幅広い層のキルターの応募作品が集まるコンテスト、第19回「日本キルト大賞」の受賞作品をNHK_PRでも大公開!

日本キルト大賞

「慈雨の調べ」永見州樹子

準日本キルト大賞

「Great Romantic」及川貴子

ハンドメイキング賞

「冬の花」玉井弘子

ミシンメイキング賞

「Kawaii」大岩留美子

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

番組では、応募総数1,122点(海外60点)の中から選ばれた受賞作品の解説も!

挑戦するなら今!?
人生がより豊かになるキルトの魅力をぜひお楽しみください♪

「ぬくもりの芸術アート キルトが紡ぐ世界 〜第19回東京国際キルト展〜」

【放送予定】1月25日(土)[BSプレミアム]前11:00

【再放送】1月27日(月)[BSプレミアム]後3:16

▶ 番組ホームページ

取り上げた番組はこちらです!

その他の注目記事