柴咲コウ “朝ドラ”「エール」に出演決定!

連続テレビ小説 エール

3月30日(月)スタート[総合]前8:00 ほか

世界的に活躍するオペラ歌手・双浦 環を柴咲コウさんが演じることが決定しました!
ヒロイン・音(二階堂ふみ)がプロの歌手を目指すきっかけとなる人物で、のちに音と裕一(窪田正孝)に多大な影響を与える存在になります。
初登場は第7回、4月7日(火)です。ぜひご覧ください♪

柴咲コウ

音に影響を与える歌手

双浦ふたうら たまき
柴咲しばさきコウ

連続テレビ小説 初出演♪

世界的に活躍するオペラ歌手。大正12(1923)年秋、11歳の音(清水香帆)は、豊橋の教会で出会ったオペラ歌手・双浦 環の歌声に心ひかれる。この出会いがきっかけで、音はプロの歌手を目指すことになる。月日はすぎ、昭和7(1932)年1月、東京の音楽学校で音(二階堂ふみ)は憧れの双浦 環と再会。双浦 環はのちに音をはじめ、裕一(窪田正孝)にも多大な影響を与える存在となる。

柴咲コウさん コメント

毎朝を盛り上げてくれる連続テレビ小説。2020年、日本の節目ともなるであろうこのオリンピックイヤーの中で「音楽」に集う人々が織りなす世界。今回主人公たちと接点を持つ重要な役どころ【双浦 環】として出演できることになりとても光栄です。今回の役はオペラ歌手として、そして一人の女性として、あまりにも学ぶべきことが多く、自分の活動や生活においても財産となりうるような経験をさせていただいております。真心と初心を忘れず、撮影スタッフ様たちと限られた時間の中で最高のものを作り出せるよう努めたい所存です。この役を通じて物語に良きエッセンスを加えられればと存じます。

窪田正孝さん(古山裕一 役)コメント

今回柴咲さんと10年以上の時を経て、再共演を果たすことができて本当に光栄です。絶世の美女であり世界の歌姫。双浦 環役は柴咲さんにしかできないと強く感じました。現場でどんな環さんに出会えるのか、今から楽しみでなりません。

二階堂ふみさん(関内 音 役)コメント

柴咲さんと現場でご一緒させていただけて幸せを感じております。運命的な出会い。美しく、強い環さんに大きな影響を受け、音はさらに音楽の世界にのめり込んでいきます。一俳優部として、音として、柴咲さん演じる環さんを精いっぱい感じていきたいです。

柴咲コウさん起用理由
~制作統括・土屋勝裕〜

幼い音は教会で双浦 環の歌を聴き、歌手を目指す決意をします。そして、双浦 環はのちに裕一と音の人生の転機に深く関わっていくことになります。世界的に活躍する双浦 環は、裕一と音にとって憧れであり、目指すべき人でした。そんな双浦 環を演じる女優さんは、カリスマ的なオーラをまとい人々を歌で魅了する力がなければならない。柴咲コウさんの芝居力、歌の力、そしてカリスマ的な存在感がまさに双浦 環 役にふさわしいと考えオファーさせていただきました。


2020年度前期
連続テレビ小説「エール」

【放送予定】3月30日(月)スタート[総合]前8:00 ほか

▶ 番組ホームページ

番組の最後にご紹介する写真を募集中!

連続テレビ小説「エール」の主人公・古山裕一(窪田正孝)、裕一の妻となるヒロイン・関内 音(二階堂ふみ)。2人は福島、そして愛知に生まれ、遠い距離を乗り越えて愛を育んでいきます。そこで、番組最後では、視聴者から寄せられた福島と愛知の魅力あふれる写真をご紹介します。

裕一と音が生まれ育った、福島県と愛知県の魅力あふれる写真をお送りください♪

▶ 詳しくはこちら♪

取り上げた番組はこちらです!

検索 NHKサイトでもっと探す

関連記事

その他の注目記事