日本映画史上に残る金字塔、最高のキャストでドラマ化!

スペシャル時代劇「十三人の刺客」

【放送延期のお知らせ】
新型コロナウイルスの影響により、放送予定を延期することとなりましたので、お知らせいたします。
なお、放送日については、決まり次第、番組表やホームページ等でお知らせいたします。

57年前に公開された傑作時代劇『十三人の刺客』をBSプレミアムでリメイク!

中山道の宿場をとりでに改造し待ち受ける刺客集団十三人が、死に物狂いで突破を図る大名行列と激突する。狙うは将軍の弟の命。武士の意地と意地がぶつかり合い、むき出しの闘争本能が、そして命の本質が、あらわになる。

クライマックスの殺陣たてシーンは日本映画史上に残る金字塔とされ、昭和38年(1963年)に封切られた傑作映画を現在、本格時代劇で考えうる最高のキャストでドラマ化します。

【あらすじ】
幕末・天保年間、明石藩江戸家老・間宮まみや図書ずしょが老中・土井どい大炊頭おおいのかみ(里見浩太朗)の門前で割腹し果てた。間宮の死は藩主・松平まつだいら左兵衛督さひょうえのかみ斉継なりつぐ(渡辺 大)の暴君ぶりを訴えていた。斉継は将軍・家慶の弟であり、老中就任も内定していたため、時の幕閣に動揺が走る。これに対し老中・土井は、非常手段として御目付役・島田しまだ新左衛門しんざえもん中村なかむら芝翫しかん)に斉継暗殺を命じた。悠々自適の隠居を考えていた新左衛門は固辞するが、天下万民のため大事決行を決意、信頼できる強者たちを集め る。
極秘裡に進められる暗殺計画を事前にキャッチした人物がいた。鬼頭きとう半兵衛はんべえ(高橋克典)、明石藩側用人千石の身分を自らの才覚でつかんだ新左衛門の剣のライバルである。
事件発生以来一か月余、明石藩が突如参勤交代の途についた。行列を追う刺客団は、中山道で奇襲作戦を練ったが、半兵衛の奇計にあい失敗に終わる。新左衛門は作戦を変更、中山道落合宿を買い取り、砦に改造、明石藩一行を迎え撃つというのだ。
運命の朝、深いもやの中を落合宿に乗り込んだ斉継以下明石藩一行は、前を塀で塞がれ、後退しようとしたとき退路の橋が大音響と共にくずれ落ちた。十三人と五十騎の死闘が始まる。新左衛門は斉継を討てるのか、半兵衛が守り切るのか。命を懸けた激闘の結末は果たして…。

スペシャル時代劇「十三人の刺客」

【原作】池宮彰一郎(1963年東映映画の脚本)

【脚本】土橋章宏 (『超高速!参勤交代』)

【音楽】沢田 完

【出演】中村芝翫、里見浩太朗、福士誠治、大島優子、勝野 洋、渡辺 大、神尾 佑
飯田基祐、片山萌美、岡本 玲、石橋蓮司、西村まさ彦、高橋克典 ほか

【演出】金 佑彦

【制作統括】内堀雄三、中村高志、磯 智明

【プロデューサー】元信克則、辰巳暢一、進藤盛延

取り上げた番組はこちらです!

その他の注目記事