《越前&桶狭間へ》新たな出演者を発表!

大河ドラマ 麒麟(きりん)がくる

現在放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。新たな出演者3名が決定いたしましたので、お知らせいたします。

今井 翼

今井 翼

毛利新介
(もうり・しんすけ)

織田信長の家臣。信長の馬廻うままわりとして仕え、桶狭間では服部小平太とともに、今川義元に肉薄し、首級をあげた。

<今井 翼さんコメント>

大河ドラマには今回で3回目の出演となりますが、今川義元にとって重要な回に出演できたこと、心から感謝しております。
今川義元を討ち取るという要の役を演じるにあたり、毛利新介の出世欲、強い執念を目的に演じさせていただきました。
身に余る演出をつけていただき、胸が高鳴る時間を過ごさせていただきました。
壮大な桶狭間の戦いのシーンに是非ともご注目ください。

金子ノブアキ

金子ノブアキ

佐久間右衛門尉信盛
(さくま・うえもんのじょう・のぶもり)

織田家宿老。信秀、信長に仕え、近江六角氏の征討などに従軍し、軍功をあげた。天正8年に、信長によって高野山に追放される。

<金子ノブアキさんコメント>

久しぶりに大河ドラマの現場に帰ってくることができました。
本当にうれしいです。
ここまでに培った全てを注ぎ込む所存です。

榎木孝明

榎木孝明

山崎吉家
(やまざき・よしいえ)

越前・朝倉家の家臣で、朝倉家の重鎮である朝倉宗滴そうてきとともに活躍した。
宗滴死後、信長との戦いが始まると、主に外交で重要な役割を果たす。

<榎木孝明さんコメント>

山崎吉家は朝倉家に仕えた文武両道の武人で、外交にもけた人物とありました。そこまで聞くとあとは自分の中で自由に魅力的な人物像を作っていこうと思います。歴史はよく勝者の書き残した歴史ともいわれますが、役者も役を如何様いかようにでも膨らませていける強みがあります。サバイバルゲームのような下克上の戦国時代を必死で生きる、はらの据わった武将をイメージしています。

「麒麟がくる」新たなキャスト発表にあたって

制作統括・落合 将

「麒麟がくる」新たに3名の方のご出演が決まりました!
中盤最大の見どころ、「桶狭間の戦い」で登場する、宿敵・今川義元を討つ毛利新介に今井 翼さん。同じく織田家古くからの家臣・佐久間信盛に金子ノブアキさん。お二方ともさすがの貫録で麒麟版「桶狭間」を盛り上げてくれます! また、越前編後半で、円熟した演技で朝倉義景ユースケ・サンタマリアさんの側近・山崎吉家を演じていただく大ベテラン・榎木孝明さん。山崎はまた、揺れる朝倉家内部で、光秀の将来にも大きく関わる決断をしていきます。
視聴者の皆様には楽しみにしていただければ幸いです!

2020年 大河ドラマ「麒麟きりんがくる」(全44回)

【放送予定】
毎週日曜[総合・BS4K]後8:00
毎週日曜[BS4K]前9:00
毎週日曜[BSプレミアム]後6:00

【作】池端俊策

【語り】市川海老蔵

【音楽】ジョン・グラム

【制作統括】落合 将、藤並英樹

【演出】大原 拓、一色隆司、佐々木善春、深川貴志

【プロデューサー】中野亮平

▶ 番組ホームページ

取り上げた番組はこちらです!

関連記事

その他の注目記事