タクシー車中に密着! コロナ禍の人々の群像劇

BS1スペシャル「あのとき、タクシーに乗って~緊急事態宣言の東京~」

8月3日(月)[BS1]後8:00~8:49  ※初回放送 6月22日(月)

新型コロナウイルスの緊急事態宣言によって外出自粛が続いた期間、それでもやむを得ず外出しなければならない人たちがいました。

6月22日(月)の「ストーリーズ」は、そんな人々の生活を支えるタクシードライバーたちの協力のもと、車中で交錯するリアルな日常を切り取ります。感染リスクを抑えた“非接触”の撮影手法で、コロナ禍の東京で暮らす人々の“今”を記録します。

お客さんが車内で明かした実情とは?

取材にご協力いただいたタクシーの車内には、12台の固定カメラを設置。ドライバーさんと乗客のみなさんは、これまでの人生で接点がないにもかかわらず、車内で世間話をしているうちにさまざまな思いがこぼれます。

感染防止の対策をしっかり講じ営業を続けるタクシー

番組に登場する総勢数十人の車中のつぶやきの中から、飲食店経営者そして出産したばかりの女性の声を少しだけご紹介します。知らない人同士だからあれこれ話せるというタクシーの魔力(?)にひかれ、一体どんな話が記録されたのでしょうか。

乗客その1
経営する小料理店へ向かうおかみさん

新橋で38年続く小料理店を営む2代目おかみ。常連客のサラリーマンが在宅勤務になり、客足は5分の1に。3~4月の歓送迎会が全てキャンセルになったこと、店内の設備も一新したばかりで返済に追われていることを、出勤前のお化粧をしながらぽつりぽつりと打ち明けます。

乗客その2
乳児健診帰りのお母さん

生後1か月の赤ちゃんを抱えて乗り込んだのは、緊急事態宣言のさなかに出産した新米ママ。出産当日の立ち会いはもちろん、出産後の家族面会もできなかったことを語ると、隣に座る義母からねぎらいの一言が。スヤスヤ眠る我が子を眺めながら、どんな子に育ってほしいか、その思いも語ってくれました。

このほかにもタクシーには、持病があり病院に通わなければいけない方、夫の命日に花を買いに行く方など、やむを得ず外出する人たちが次々と乗車します。一人一人の実情から不要不急の判断の難しさ、そして人生観がみえてきます。

個性豊かな乗客たちを取材した横田大樹ディレクター、岡田歩ディレクターにみどころを聞きました。

ディレクターの取材メモ

対面での取材・撮影が感染リスクとなってしまうなか、どうやって現状を記録すべきか頭を悩ませました。たどりついたのは、ふだんの取材や撮影を“自粛”して、固定カメラに映るドライバーと乗客の一期一会のやりとりのみで番組を作ること。緊急事態宣言下でも、どこまでを「不要不急」とするのか判断は一人一人に委ねられています。そんな今だからこそ、タクシーに乗る理由や、車内でこぼす会話からは、人々が何を大切に生きているのかが垣間見えてきました。

魅力的なドライバーさんにも注目!

乗客のみなさんのお話とともに、取材にご協力くださった4人のタクシードライバーのみなさんも、個性あふれる方ばかり。その人物像もすこしご紹介します。

除菌を徹底するドライバー(左上)
この苦境の中でもお客さんを戦略的につかまえ、指名も多い。繁華街のトラブルにも技が光る。

母の介護のため転職したドライバー(左下)
タクシードライバーの稼ぎだけで実母、義母、妻、高校生の息子を養う50代。元気な声かけが魅力。

俳優と兼業のドライバー(右上)
さまざまな世代、職業の乗客との会話が役者の仕事のヒントにもなっている。流しをしている時はオーディションの練習に励む。

若手の面倒をみるベテランドライバー(右下)
若手ドライバーから相談を受ける兄貴的存在。乗客がいない時は車内で熱唱。十八番は「上を向いて歩こう」

乗客のみなさん同様に、ドライバーの方たちもコロナ禍で大きな打撃を受けています。歩合制のため収入は半減という厳しい状況の中でも、明るく前向きな姿が印象的。 番組内では、固定カメラだから偶然とらえられたコロナ禍でのリアルなドライバー同士の会話も。

ディレクターの取材メモ

タクシードライバーのみなさんは、収入が半減し感染リスクとも隣り合わせのなか必死に走り続けていました。印象的だったのは、そんな苦境に立ちながらもドライバーさんたちが底抜けに明るく前向きなことでした。その秘訣とは一体何なのか…お客さんとのやりとりを記録していくうちにタクシードライバー特有の“ある哲学”が見えてきました。それこそが、この大変な日常を生き抜くヒントにもなるのではないかと感じています。

「やはりコロナウイルスの影響で愚痴りたい人が多いのかもね」。ひとりのドライバーがそう話す一方で、「お互い頑張りましょう」とエールを送ってくれる乗客もいるのだそう。

見ず知らずの人々が数分だけまじわる車内は、まさに一期一会。

時間軸に沿ってあちこちで繰り広げられ続ける人々の群像劇をお届けします。どうぞお楽しみに!

BS1スペシャル「あのとき、タクシーに乗って〜緊急事態宣言の東京〜」 

【放送予定】8月3日(月)[BS1]後8:00~8:49

ただいま制作中!

同じくコロナ禍で、おうちで過ごす人々のリアルをお届けするこちらの番組もおすすめ!

ストーリーズ
のぞき見ドキュメント 100カメ「緊急事態宣言下のステイホーム」

【放送予定】7月24日(金・祝)[総合]後6:05〜6:35

BS1スペシャル「100カメ特別版 緊急事態宣言下のステイホーム」

【放送予定】7月28日(火)[BS1]後9:00~9:49

緊急事態宣言発令という未曽有の事態の中、人々はどのように暮らしていたのか。カメラ100台を全国の家庭に送り、発令の日と1か月後を撮影してもらった。ニュースでは報じられることのない“ステイホームの実態”を同時多視点でドキュメントする。コロナで変わる夫婦関係や親子関係。オードリーの2人も「やってみたい!」とうなった家での楽しい過ごし方とは!?

★詳しくはこちら

▶︎ 番組ホームページ

取り上げた番組はこちらです!

その他の注目記事