瀬戸朝香が2年ぶりに女優復帰!
    家族を守るために変貌する主婦を演じる

    ♢女の中にいる他人【会見動画】

    1966年に公開された成瀬巳喜男監督の心理サスペンスの傑作・映画「女の中にいる他人」を、現代のドラマにアレンジしたクライム・サスペンスの決定版。
    12月8日(木)、試写会と取材会の模様を動画でご紹介します。
    出演者がドラマにかける思いは?

    【出席】
    瀬戸朝香(主人公・田沼百合子 役)
    尾美としのり(田沼和男 役)
    石黒 賢(楠本将文 役)
    板谷由夏(伊東美智子 役)

    プレミアムドラマ「女の中にいる他人」

    【放送予定】2017年1月8日(日)放送スタート
    毎週日曜[BSプレミアム]後10:00~10:49(全7回)


    【ストーリー】
    田沼百合子(瀬戸朝香)は、2人の子供に恵まれ、夫の和男(尾美としのり)と義母の初江(木野 花)とともに主婦として平穏に暮らしていた。ある日、夫の友人・楠本将文(石黒 賢)の妻・沙織(西山繭子)が絞殺されるという事件が起こる。夫の和男は、殺された沙織と浮気していたことを告白する。百合子は、沙織を殺害したのは夫ではないかと疑念を抱く。
    逃げ切れないと悟った和男は、百合子に沙織を殺したのは自分だと告白。警察に自首しようとする和男を百合子は必死に引き止め、平穏な家族の生活を守るため、夫の犯罪を隠蔽する決意をするのだった。
    そんな百合子の行く手には、真相を暴こうとする者たちが次々に現れる。過去の因縁から執ように百合子にまとわりつき、百合子を破滅させようと企む美智子(板谷由夏)、和男の会社の部下でいわくありげな黒木(甲本雅裕)、そして犯人を追う刑事(森岡 豊)…。
    いつしか百合子の心の中には、百合子自身も知らなかったもう一人の自分(心のなかにいる他人)が動き始める。愛する家族を守るために…。


    【出演】
    瀬戸朝香、尾美としのり、石黒 賢、木野 花、板谷由夏
    甲本雅裕、森岡 豊、西山繭子、中村倫也、弥尋 ほか


    【原作】
    小説『細い線』(エドワード・アタイヤ)
    映画『女の中にいる他人』(製作:東宝株式会社、脚本:井手俊郎、監督:成瀬巳喜男)


    【脚本】吉本昌弘、児玉頼子


    【音楽】吉俣 良
    【主題歌】手嶌 葵「赤い糸」(作詞・作曲 山本加津彦)

    【演出】塚本連平、本田隆一
    【制作統括】土屋勝裕、志村 彰


    番組ホームページこちら

    関連記事

    その他の注目記事