〈岐阜・故郷 編〉主な出演者が意気込み語る!

    平成30年度前期 連続テレビ小説「半分、青い。」【会見動画】

    8月22日(水)、平成30年度前期 連続テレビ小説「半分、青い。」岐阜・故郷 編の主な出演者が発表されました。ヒロイン・鈴愛を見守り育むキャストの面々がドラマへの意気込みを語りました。詳しくは動画で。

    【出席】
    永野芽郁(ヒロイン・楡野鈴愛 役)

    <楡野家の人々>
    松雪泰子(鈴愛の母・楡野 晴 役)
    滝藤賢一(鈴愛の父・楡野宇太郎 役)
    中村雅俊(鈴愛の祖父・楡野仙吉 役)
    風吹ジュン(鈴愛の祖母・楡野廉子 役 / ナレーション)

    <萩尾家の人々>
    佐藤 健(鈴愛の幼なじみ・萩尾 律 役)
    原田知世(律の母・萩尾和子 役)
    谷原章介(律の父・萩尾弥一 役)

    <鈴愛を取り巻く人々>
    余 貴美子(町医者・岡田貴美香 役)


    今回発表されたその他の出演者はこちら↓↓↓


    楡野家の人々

    上村海成

    鈴愛の弟・楡野草太(にれの・そうた)
    上村海成さん
     ※連続テレビ小説初出演


    《役柄》
    鈴愛のひとつ違いの弟。思い立ったら行動している姉とは対照的に、いつでも冷静、石橋をたたいて渡るタイプ。幼いころから周囲の空気を読むことにけ、鈴愛が困ったときにはそっとそばによりそってくれる。勘がよく気が利くので、女の子にはそれなりにもてるらしい。楡野家の男性陣の中では父、祖父よりもはるかに冷静な判断と細かな気配りのできる男である。


    鈴愛を取り巻く人々

    矢本悠馬

    鈴愛の同級生・西園寺龍之介(さいおんじ・りゅうのすけ)
    矢本悠馬さん


    《役柄》
    鈴愛と同級生のガキ大将、通称・ブッチャー。町でいちばんのお金持ち・西園寺不動産の息子で、自宅から学校まで人の土地を踏まずに行けるらしい。本名は龍之介だが、その風貌とは似ても似つかないため、よく忘れられる。学校では同級生たちを従えているが、律の前に来るとなんでも言うことを聞いてしまう。律と幼なじみの鈴愛にことのほかちょっかいを出してくる。

    徳永えり

    鈴愛の同級生・木田原菜生(きだはら・なお)
    奈緒さん
     ※連続テレビ小説初出演


    《役柄》
    町の洋品店・「おしゃれ木田原」の一人娘。鈴愛とは幼なじみで高校まで一緒、気心の知れたよき相談相手。鈴愛も菜生も学校では目立たない存在だが、何かと天然な鈴愛に対し、菜生は意外にしっかり者。人の恋愛に目ざとく、心の機微を語ったり、「おしゃれ木田原」の将来についても真剣に考えている。鈴愛の片耳失聴のこともよく知っており、さりげない気配りで助けてくれる。

    平成30年度前期 連続テレビ小説「半分、青い。」

    【放送予定】2018年4月2日(月)~9月29日(土)<全156回予定>

    【作】北川悦吏子

    【制作統括】勝田夏子
    【プロデューサー】松園武大
    【演出】田中健二、土井祥平、橋爪紳一朗 ほか

    関連記事

    その他の注目記事