宮沢氷魚、“作品に込めた思い”、
    “父と交わした約束”について語る

    神奈川発地域ドラマ「R134/湘南の約束」【会見動画】

    湘南を走る国道134号線を舞台にした神奈川発地域ドラマ「R134/湘南の約束」がついに完成! 6月27日(水)の放送を前に、主演の宮沢氷魚さんと、脚本を担当した桑村さや香さんを迎え試写会と取材会が行われました。宮沢氷魚さんが作品に込めた思いや、自身が大事にしているという、“父と交わした約束”について語りました。詳しくは動画で!

    【出席】

    宮沢氷魚(主人公・須和洸太 役)
    桑村さや香(脚本)

    神奈川発地域ドラマ「ルート134/湘南の約束」

    【放送予定】6月27日(水)[BSプレミアム]後9:00~9:59


    【ストーリー】
    10年前に起きたある事件がきっかけで、故郷・葉山町を飛び出した洸太。以来、何ごとにも真剣に向き合えず仕事もクビになる。洸太は、やけになって飛び込んだバーで偶然アメリカの老婦人・マリアと出会う。「江の島が見えるこの場所に行きたいの。」古い写真を見せ、そう訴えるマリアに強引に付き合わされる形で、洸太はずっと避け続けてきた故郷・葉山町に向かうことになる…。

    【出演】宮沢氷魚、ニーナ・ムラーノ、池田エライザ、
    三浦大輔、ベッキー、石原良純 ほか


    【脚本】桑村さや香


    【音楽】荻野清子


    【演出】藤並英樹


    【制作統括】秋山 発


    【プロデューサー】板垣麻衣子


    ▶ 番組ホームページ

    関連記事

    その他の注目記事