幕末サーファー? 男泣き!? 妻妻妻!
    鈴木亮平「スタジオに色気が充満してます!」

    大河ドラマ「西郷(せご)どん」【会見動画】

    坂本龍馬が出会う西郷家の人々、そして維新の礎を築くキーパーソン 発表!
    スタジオ取材会で新たな出演者とその方々の扮装姿がお披露目になりました。
    詳しくは動画で!

    【出席】
    鈴木亮平<主人公・西郷吉之助(隆盛) 役>
    黒木 華<岩山(西郷)糸 役>
    小栗 旬<幕末の風雲児・坂本龍馬 役>

    水川あさみ<龍馬の妻・お龍 役>
    柏木由紀<西郷吉二郎の妻・西郷 園 役>
    迫田孝也<佐賀藩士・江藤新平 役>
    田上晃吉<薩摩藩士・中原尚雄 役>

    黒木 華さん コメント

    お久しぶりです。糸です。
    西郷家が貧乏になってはいるけれど、初恋の人と結ばれるという形になりました。これ以上幸せなことはないんだろうなと思っております。
    糸は、お龍さんと龍馬さんの関係から刺激を受けて成長をしていくといいますか…。夫を支える妻としての姿勢だったり、少しずつではありますが “夫婦という形” がどういうものかを考えていくというシーンがこれからあったりもするんです。なんでしょう、愛加那さんとの関係は情熱的だったじゃないですか。その分、糸は西郷家に入った者として、雨漏りを直したりとか、そういう雑多な感じのこととかをいろいろやりながら(笑)、愛加那さんとはまた違った形で西郷さんを愛し抜き、そばで支えていきたいなと思っています。
    旦那様が帰ってきて安心できるように、家を守っていきたいと思います。


    2018年(平成30年)大河ドラマ「西郷せごどん」

    【あらすじ】
    師・島津斉彬を失い、幕府に追われ、藩にも見放され、失意の中で冬の錦江湾に身を投げる。奇跡的に一命をとりとめるが、自らを「土中の死骨」と呼び、西郷の心はすさんでいた。
    幕府から身を隠し「菊池源吾」の名で潜んでいた奄美大島で出会う運命の女性・とぅま。
    未知なる島で初めて愛を知り、薩摩藩の厳しい支配に苦しむ島人たちの姿に憤り、西郷は、絶望のふちからよみがえる。さらに2度目の島流しで死線をさまようが、「この世に生かされ、愛する人に生かされた己の使命」に目覚め、揺るぎなき革命家となっていく。

    一橋慶喜、勝 海舟、坂本龍馬、桂 小五郎、岩倉具視…英傑たちとの宿命の出会いの中で、盟友・大久保一蔵とともに天下を動かし、明治維新を成し遂げる。
    しかし、大久保とたもとを分かち、最期は、日本史上最大級の内戦『西南の役』を率いた“逆賊の将”として命を散らす。

    【放送予定】毎週日曜[総合]後8:00 /[BSプレミアム]後6:00

    【原作】林 真理子

    【脚本】中園ミホ

    【音楽】富貴晴美

    【主演】鈴木亮平

    【制作統括】櫻井 賢、櫻井壮一

    【プロデューサー】小西千栄子、藤原敬久

    【演出】野田雄介、盆子原 誠、岡田 健、石塚 嘉

    関連記事

    その他の注目記事