向井 理&志尊 淳が作品にこめた思いとは?

    太陽を愛したひと ~1964 あの日のパラリンピック~【会見動画】

    1964年の東京パラリンピックを成功に導き、その後は、障害者自立のための施設を設立するなど、障害者の社会復帰に一生を捧げた伝説の医師、中村 裕。その波乱の人生を描いた感動の物語をドラマ化!
    8月22日の放送を前に、出演者の向井 理さんと志尊 淳さんを迎え行われた取材会の様子を動画でご紹介します。

    【出席】

    向井 理(主人公・中村 裕 役)
    志尊 淳(中村の患者・土山アキラ 役)

    スペシャルドラマ
    「太陽を愛したひと ~1964 あの日のパラリンピック~」

    【放送予定】8月22日(水)[総合]後10:00~11:10

    【あらすじ】

    1960年、整形外科医の中村 裕(なかむら・ゆたか)は研修先のイギリスで、スポーツを取り入れた障害者医療を学んだ。その時に出会った言葉が、その後の彼の人生の原動力になる。

    「失ったものを数えるな。残っているものを最大限に生かせ」

    帰国した中村は、障害者スポーツを何とか広めようとするが……日本はリハビリという言葉すらなかった時代、「見世物みせものにしないでほしい」と抵抗にあう。しかし、ある少年との出会いをきっかけに、車いすバスケットボールを少しずつ普及させていった。そんな彼に驚きのミッションが! 第2回のパラリンピックとなる東京パラリンピックを実現させよ、というのだ。再び彼の前に立ちはだかる社会の常識という壁。障害者の家族からも反対の声が。しかし、家族や仲間の支えで、次々と突破していく。

    1964年の東京パラリンピックを成功に導き、その後は、障害者自立のための施設を設立するなど、障害者の社会復帰に一生を捧げた伝説の医師、中村 裕。その波乱の人生を描いた感動の物語である──。

    【脚本】山浦雅大

    【原案】三枝義浩『太陽の仲間たちよ』

    【音楽】栗山和樹

    【歌】サラ・オレイン

    【出演】向井 理、上戸 彩

    志尊 淳、安藤玉恵、飯豊まりえ、山口馬木也、尾上松也、田山涼成、松重 豊 / 岸惠子

    【制作統括】千葉聡史、島田雄介、中尾幸男

    【演出】佐々木章光

    ▶ 番組ホームページ

    検索 NHKサイトでもっと探す

    関連記事

    その他の注目記事