常盤貴子 × 川栄李奈 × 平 祐奈 × キムラ緑子
    若い世代に伝えたい“思い” を語る

    夕凪の街 桜の国2018【会見動画】

    NHK広島放送局が開局90年の節目に、漫画家・こうの史代氏が発表した『夕凪の街 桜の国』を原作に、設定を2018年に置きかえオリジナルストーリーを加えてドラマ化した、「夕凪の街 桜の国2018」。
    8月6日(月)の放送を前に取材会が行われ、出演者の常盤貴子さん、川栄李奈さん、平 祐奈さん、キムラ緑子さんが登壇。それぞれが作品に込めた思いを語りました。

    【出席】

    常盤貴子(主演・石川七波 役)
    川栄李奈(平野皆実 役)
    平 祐奈(石川風子 役)
    キムラ緑子(平野フジミ 役)

    NHK広島放送局開局90年ドラマ
    「夕凪の街 桜の国2018」

    【放送予定】8月6日(月)[総合]後7:30~8:43

    【あらすじ】

    出版社で編集者として働く石川七波(46)。悩みの種は編集部のリストラと、認知症の疑いのある79歳の父親・旭。ある日、行き先も言わず家を出て行った旭を追いかけていると、いつもかわいがっている姪の風子(17)も合流。どうやら家出をしてきたらしい…。

    旭の行き先は広島。風子と一緒に尾行する七波。旭がある人の足跡を尋ねていることに気づく。そのある人とは、原爆によって亡くなった旭の姉。七波の伯母にあたる人物だった。
    その、伯母の名は平野皆実。13歳のとき広島で被爆したが、昭和30年、23歳になるまで広島で暮らしていた。心の傷に悩みながらも、職場で出会った青年と恋に落ち、小さな一歩を踏み出しかけたとき、忘れかけていた“原爆”が再び皆実を襲う。

    皆実の弟・旭と七波と風子の広島への旅は、それから63年後の平成30年夏。この不思議な旅の中で、これまで明かされていなかった様々なドラマが明らかになっていく・・・

    【原作】こうの史代『夕凪の街 桜の国』

    【脚本】森下 直

    【音楽】小林洋平

    【出演】常盤貴子、川栄李奈、小芝風花、平 祐奈、工藤阿須加、浅利陽介
    谷原章介、柏原収史、佐川満男 / キムラ緑子、橋爪 功 ほか

    【制作統括】田中意澄

    【プロデューサー】小池明久

    【演出】熊野律時

    ▶番組ホームページ

    関連記事

    その他の注目記事