岡田将生 × 竜星 涼 × 山崎育三郎
    初高座を撮影したときの感想は?

    ドラマ10「昭和元禄落語心中」【会見動画】

    10月12日(金)放送開始のドラマ10は、雲田はるこさん原作の「昭和元禄落語心中」。戦争の時代の落語家たちの生き様、芸の絆に結ばれた若者たちの熱い友情、師弟や男女の情愛・嫉妬・別れ、そして無二の親友の事故死を巡るミステリー…。濃厚にして豊穣なヒューマン・ドラマをお届けします。
    放送を前に、出演者の岡田将生さん、竜星 涼さん、山崎育三郎さんを迎え行われた取材会の様子を動画でご紹介します!

    【出席】
    岡田将生(八代目 有楽亭八雲/菊比古 役)
    竜星 涼(有楽亭与太郎 役)
    山崎育三郎(有楽亭助六/初太郎 役)

    ドラマ10「昭和元禄落語心中」

    【放送予定】10月12日(金)スタート
    毎週金曜[総合]後10:00~10:44(連続10回) ※初回は拡大版スペシャル(70分)

    【あらすじ】
    昭和初期、落語の世界に入った八雲(岡田将生)は、同期入門の落語の天才・助六(山崎育三郎)と、固い友情で結ばれる。八雲は助六の芸に憧れ、嫉妬し、追いつこうともがき、芸者・みよ吉(大政 絢)にも支えられ、成長していく。やがて、助六とみよ吉とが結ばれるが、ふたりは謎に満ちた事故死を遂げてしまう。八雲はその死を巡る秘密を抱いたまま、ふたりの遺児・小夏(成海璃子)を引き取る。小夏は、八雲を「親のかたき」と恨んで成長し、やがて天衣無縫な八雲の弟子・与太郎(竜星 涼)とともに、八雲がひた隠す「助六とみよ吉の死の真相」に迫っていく…。

    【原作】雲田はるこ『昭和元禄落語心中』

    【脚本】羽原大介(映画『フラガール』、連続テレビ小説「マッサン」など)

    【音楽】村松崇継(映画『メアリと魔女の花』、『8年越しの花嫁 奇跡の実話』など)

    【主題歌】ゆず「マボロシ」

    【出演】岡田将生、竜星 涼、成海璃子、大政 絢、山崎育三郎 ほか

    【制作統括】藤尾 隆、小林大児、出水有三

    【演出】タナダユキ、清弘 誠、小林達夫

    【落語監修】柳家喬太郎

    ▶番組ホームページ

    関連記事

    その他の注目記事