2019年1月15日開始! 日本の情報を中国語で配信!

    中国語サービス「NHK華語視界」【会見動画】

    NHKの国際放送「NHKワールド JAPAN」では、2019年1月15日(火)より、新たな中国語サービス「NHK華語視界」(中国語名:华语视界ホァユーシージエ)を開始します。中国語のニュースや番組を編成し、インターネット配信するサービスです。

    「華語」は「中国語」のこと、「視界」は中国語では「世界」と同じ発音になります。このネーミングには、視野を広げ、日本を含む世界を見るのに役立つような番組にしていきたい、という思いを込めています。

    中国語は世界有数の話者人口を有しています。また、2020年東京オリンピック・パラリンピックを控えて訪日観光客は毎年増え、そのうち中国語圏からの観光客は約半分を占めています。こうした方々にとって、新たなサービスは、日本の文化や地域の紹介はもちろん、災害などの万一の時には、安全・安心に役立つ情報源になることをめざしています。

    2019年1月15日のサービスを前に出演者を迎え行われた取材会の様子を動画でご紹介します。

    【出席】
    鎌倉千秋アナウンサー(中国語ニュース「东京网播间トンチン ワン ボ チェン」)
    ジェームス天願(中国語ニュース「东京网播间トンチン ワン ボ チェン」)
    桜庭ななみ(後6時台の番組進行役)
    矢野浩二(後6時台の番組進行役)
    だん 文凝ぶんぎょう(後6時台の番組進行役)

    「NHK華語視界」(中国語名:华语视界ホァユーシージエ

    【開始日時】2019年1月15日(火)後6:00(日本時間)

    月曜日から金曜日までの平日(原則として祝日は除く)に、中国語の吹き替えや字幕(簡体字)を付けて配信。

    後7時からは中国語ニュース「东京网播间トンチン ワン ボ チェン」。鎌倉千秋アナウンサー、ジェームス天願さんら5人のキャスターが日替わりで、ライブでニュースをお伝えします。
    ご覧いただけなかった方にもお楽しみいただけるよう、後8時からリピート配信し、その後も、翌日の後7時まではインターネット上でご覧いただけます。

    後6時台は旅やポップカルチャーなど、後7時台はドキュメンタリーや医療、ビジネスなど、テレビ国際放送の多彩な番組を編成します。後6時台や後7時台を見逃した方々にもお楽しみいただけるよう、後8時台や翌日の午後にもリピート配信します。
    配信した番組は、インターネット上で、ビデオ・オン・デマンドでもご覧いただけます。

    また、中国とゆかりのある、矢野浩二さん、桜庭ななみさん、だん 文凝ぶんぎょうさんら3人の進行役が、中国語で番組について紹介したり、感想を語り合います。

    NHKワールド JAPANのウェブサイトおよび「NHK WORLD TV」アプリでご覧いただくことができます。日本国外、国内のいずれからでもアクセス可能。

    その他の注目記事