吉沢 亮「全力で駆け抜けたい」と意気込みを語る

    大河ドラマ 青天を衝(つ)け【会見動画】

    “大河新時代” 第2弾、4Kフル撮影による大河ドラマ第60作目が決定!
    発表会見が行われ、オリジナル脚本を執筆する大森美香さんと、主人公・渋沢栄一を演じる吉沢 亮さんが今の思いを語りました! 詳しくは動画で!

    企画意図

    渋沢栄一の人生は、決して順風満帆ではありませんでした。
    意外に知られていませんが、実はやることなすこと裏目に出てばかり。
    波乱万丈です。

    田舎の農民に生まれ、倒幕の志士を目指したのにまるで正反対の幕臣に。
    すると幕府がつぶれて失業武士に。さらには意に反して明治新政府に仕官することとなり、いざ政治の世界で大暴れしたあと、33歳でようやく辞表を出して民間人へと転身!
    ここから実業家として、怒濤どとうの民間改革が始まります。銀行、保険、製紙、紡績、鉄道、海運、ガス、電気……、世の中に必要なものを次々と生み出し、近代日本の礎を築きました。
    一貫性のない生き方のように見えて、その道は、幼きころより学び続けた「論語」の精神に貫かれていました。信念のため、たとえ形を変えてでも逆境を乗り越え、確かなものを築いた生きざまは実にエネルギッシュです。

    少子高齢化が進み、人口減少に拍車がかかる日本。
    右肩上がりの成長が期待できない時代に、私たちはどう歩むべきなのか……。
    逆境の中でこそ力を発揮した渋沢栄一の人生を見つめることで、私たちの生きるヒントがきっと見つかるはずです。

    2021年 大河ドラマ「青天をけ」

    【放送予定】2021年1月~

    【制作統括】菓子 浩、福岡利武

    【プロデューサー】板垣麻衣子

    【演出】黒崎 博、渡辺哲也 ほか

    検索 NHKサイトでもっと探す

    関連記事

    その他の注目記事