窪田正孝ら出演者が“和気あいあい”な雰囲気で撮影中!

    連続テレビ小説 エール【会見動画】

    2020年3月30日から放送が始まる、連続テレビ小説「エール」。1909年(明治42年)福島生まれの作曲家 ・古山裕一とその妻・音の物語。
    主人公・古山裕一の生家の老舗呉服屋「喜多一(きたいち)」のセットでスタジオ取材会が行われました♪

    【出席】
    窪田正孝(主人公・古山裕一 役)
    唐沢寿明(裕一の父・古山三郎 役)
    菊池桃子(裕一の母・古山まさ 役)
    佐久本 宝(裕一の弟・古山浩二 役)

    2020年度前期
    連続テレビ小説「エール」

    【放送予定】3月30日(月)スタート[総合]前8:00 ほか

    【物語】
    日本が生糸輸出量世界一となった明治42年、急速に近代化がすすむ福島の老舗呉服屋に、待望の男の子が誕生する。のちに多くの名曲を生み出すことになる天才作曲家・古山裕一である。
    老舗の跡取りとして育てられた裕一だが、少々ぼんやりしていて、周りには取り柄がない子どもだと思われていた。しかし音楽に出会うと、その喜びに目覚め、独学で作曲の才能を開花させてゆく。

    青年になった裕一は家族に内緒で海外の作曲コンクールに応募。このことが裕一の運命を変えてしまう。なんと応募した曲が上位入賞したのだ。そしてそれをきっかけに、裕一は歌手を目指している関内 音と知り合う。福島と豊橋―遠く離れた地に住みながらも、音楽に導かれるように出会った二人は、結婚。上京すると、二人には個性豊かな人々との出会いが待っていた。そして不遇の時代を乗り越え、二人三脚で数々のヒット曲を生み出していく。

    しかし時代は戦争へと突入し、裕一は軍の要請で戦時歌謡を作曲することに。自分が作った歌を歌って戦死していく若者の姿に心を痛める裕一…。
    戦後、混乱の中でも復興に向かう日本。古山夫妻は、傷ついた人々の心を音楽の力で勇気づけようと、新しい時代の音楽を奏でていく─。

    ▶ 番組ホームページ

    番組の最後にご紹介する写真を募集中!

    連続テレビ小説「エール」の主人公・古山裕一(窪田正孝)、裕一の妻となるヒロイン・関内音(二階堂ふみ)。2人は福島、そして愛知に生まれ、遠い距離を乗り越えて愛を育んでいきます。そこで、番組最後では、視聴者から寄せられた福島と愛知の魅力あふれる写真をご紹介します。

    裕一と音が生まれ育った、福島県と愛知県の魅力あふれる写真をお送りください♪

    ▶ 詳しくはこちら♪

    検索 NHKサイトでもっと探す

    関連記事

    その他の注目記事