詩に込められた思いを著名人がアート作品で表現

第23回NHKハート展 詩とアートがつむぐ世界【45秒動画】

【総合】4月30日(月・休)後5:00 ※以降、随時放送

「NHKハート展」は、詩とアートを組み合わせた展覧会です。
障害のある人がつづった詩に込められた思いを、各界の著名人やアーティストがハートをモチーフにアート作品で表現しています。50編の詩が、50のアートと出会い、新たなアートの世界を繰り広げます。

障害のある人もない人も互いに理解し合い、「ともに生きる社会」の実現を目指して平成6年よりスタートし、今回で23回目を迎えます。


4月30日(月・休)放送の番組では、50編の詩のなかから、表現することの楽しさを知った13歳の中学生と、「生きた証し」を残そうとするひたむきに生きる20歳女性を取材しました。

二人の詩をアートで表現したのは、漫画家の桜沢エリカさんとモデルのラブリさん。
心と心が響きあってできるアートの世界をご覧ください。

詳しくはこちら

その他の注目記事