新型コロナ 命を守る行動を

「コロナ禍を伝える中で思うこと」武田真一アナウンサー


私たちは、この一年、
大切な人を亡くした人たち
家族と会えなくなった人たち
逼迫する医療現場の人たち
感染拡大を食い止めようと奮闘する
専門家や行政の人たちの姿を取材してきました。

また、
苦境に陥った、飲食店、観光業界、エンターテインメントなど、
様々な仕事に携わる人たちの声にも
耳を傾けてきました。

しかし………
すべての人がパンデミックの影響を受けるなか、
すべての人が苦境を乗り越えられるような提言や、
心を勇気づけるようなことばは、正直見つかりません。

私たちが出来ることは、
ひとりでも多くの人々の声を伝えること。
さまざまな人たちの、それぞれの事情や思いを共有することです。

他の人の事情や気持ちを知り、他の人を思いやることが出来れば、
自分自身を守ることにもつながり、ひいては社会全体を守ることにも
つながるのではないか。
そう願って、日々、お伝えしています。

他の人を思いやることは、自分自身を守ること。
自分自身を守ることは、大切な人を守ること。

私たちは、これからも、皆さんの声を聞き、それを伝え続けます。
お互いを思いながら、少しずつ我慢し、力を分かち合いながら、
この危機を乗り切りましょう。



▶︎新型コロナウイルス特設サイト

▶︎NHKプラス 新型コロナウイルス関連番組プレイリストはこちら

関連記事

その他の注目記事