特集とご意見

10月17日(木) サンマが歴史的な不漁 今後に向けて考えるべきこと

秋の味覚のサンマの不漁が続いています。スーパーなどでの値段も、例年の3倍近くになっています。 水産庁によりますと、8月からこれまでの漁獲量は、7060トンで、去年の同じ時期に比べて、13%にとどまっていて、ここ10年あまり減り続けています。 背景には日本の近海に来るサンマの資源量そのものが減っていることがあると言われています。 私たちが、これからもサンマを安心して食べていくためには、今、どんなことを考えなければいけないのか。他の国とどんな話し合いが必要なのか。 サンマが減っている背景とともに考えていきたいと思います。 出演: 勝川 俊雄さん(東京海洋大学 准教授) 長牛 雄樹さん(気仙沼市 水産会社)

記事ID:58640

ご意見を送る


10月16日(水) ネット時代も元気 紙のローカルメディアの可能性

みなさんからの
ご意見


10月15日(火) 若者に広がる「ギグ・エコノミー」 その光と影

みなさんからの
ご意見


10月8日(火) 東京五輪・パラの食材調達 課題と可能性

みなさんからの
ご意見


10月3日(木) K文学が人気 その背景は

みなさんからの
ご意見


10月2日(水) 自己肯定感と幸福度 孤独感を脱するヒントは

みなさんからの
ご意見


10月1日(火) 「表現の不自由展」再開へ これからの課題は

みなさんからの
ご意見



※過去1週間分を掲載します。

Page Top