これまでの街歩き

サンパウロ/ ブラジル

2015年5月5日(火) 初回放送

語り:松田洋治

撮影時期:2015年3月

Map

地球のすべてをのみこんだメガシティ サンパウロ

 560万人以上を受け入れた移民大国ブラジル。サンパウロはその移民たちのミックスカルチャーが渦巻くメガシティ。歩く出発点は今や世界のビジネスセンターとなった「パウリスタ通り」から。出勤時の銀行員に1日に取り扱う金額を聞いたら、およそ8千億円。その傍らでは露店商が1日3千円の売り上げで暮らしを立てています。ここで生活を営むさまざまな人々と出会いながら、セントロ地区へ。めまいがするような人波の雑踏、即興で観客と掛け合う歌の芸人との楽しい出会いなど、街のけん騒に魅了されます。セントロの少し南には東洋人街が。ここで路上占いをする日系移民1世と出会ったり、剣道場に案内されたりと・・・。日系移民の心の内を垣間見ます。さらには、ホームレスから脱して、生活困窮者のために始めた自転車図書館の活動に人間の可能性を感じます。
 富裕層が経済をけん引し、貧しい人々も元気に暮らす笑顔がある。地球の全てをのみこんだかのような、熱い鼓動が伝わってくるのがサンパウロです。

※NHKサイトを離れます
ページトップ