これまでの街歩き

メキシコシティ/ メキシコ

2015年6月30日(火) 初回放送

語り:貫地谷しほり

撮影時期:2015年3月

Map

歴史息づく街で芸術を楽しむ人々

 今回の街歩きは、メキシコの首都メキシコシティ。人口2000万以上が暮らす中南米最大の都市です。この街の旧市街はソカロの愛称で親しまれる広場とスペイン人が建てた大聖堂を中心に、植民地時代の建造物が立ち並ぶ地域が世界遺産に登録されています。メキシコは1910年に始まったメキシコ革命により民主国家となりましたが、それ以降”自由”であることを、ことさら大切にする気風がメキシコシティには漂っています。そして20世紀初頭の新たな国づくりとともに、この街はアートの街としても有名になりました。
 メキシコシティは、街中を歩くとさまざまな音楽が聞こえてくるにぎやかな街です。音楽だけでなく、壁に絵画を描く人、ダンスを楽しむ人、街角で歌う人など、思い思いの”芸術”を楽しんでいる人たちに出会えます。そして、彼らの”芸術”にはこの街が経てきた歴史を垣間見ることができます。

※NHKサイトを離れます
ページトップ