これまでの街歩き

ニューヨーク・クイーンズ/ アメリカ

2015年8月4日(火) 初回放送

語り:勝村政信

撮影時期:2015年5月

Map

変化を続ける「移民の街」クイーンズ

 「人種のサラダボウル」と呼ばれるニューヨーク。その中でも、特に多くの移民たちが集まっている地区がクイーンズです。ここでは住民の約半数が海外生まれ。そのため、さまざまな文化、人種が入り交じり、街は日々変化を続けています。
 歩きはじめたのは、街の西側、電車の高架下。通勤電車がごう音を響かせて走っていきます。それにしてもこの街、摩天楼だらけのお隣マンハッタンと違って空が広い!
 街を歩くと、オフィスビルの屋上に農園をつくって野菜を育てる人たちや、ギリシャ楽器を奏でて祖国の音楽を楽しむ理髪店の店主、集合住宅の中庭に集まりご近所で一緒に子育てをする住民たちに出会います。みなさん大都会の真ん中で、どこかのどかに暮らしています。
 常に変化し続ける「移民の街」クイーンズで、1日1日を楽しくエネルギッシュに暮らす人たちと出会う街歩き。

※NHKサイトを離れます
ページトップ