よくある質問

このページでは、視聴者の皆様からメールや掲示板にて頂いたご質問のうち、数が多かったものや、特に目立ったもの、今後多くの問い合わせが予想されるものについてお答えしています。
ご意見やお問い合わせなどはこちらのフォームにてお願いいたします。全てのメールにお返事できない場合がございますので、あしからずご了承下さい。また、個人情報の保護につきましては、プライバシーポリシーをご覧ください。

DVDやビデオは発売されていますか?
DVDが発売されています。
詳しくは「番組関連グッズ」のページをご覧ください。
坂道や階段も歩いているのにどうしてカメラが揺れないの?
通称「ステディカム」という特殊な機材を使用しているからです。(写真参照)この機材はもともと、映画やコンサート中継などの機材として開発されました。カメラを担ぐなど、カメラと人体が直接触れたまま歩くと、どうしても揺れが画面に出てしまいます。そこでカメラを、バネが仕込まれたアームを介して、腰で支える構造になっています。歩くときに生じる上下の揺れは、このアームの微妙な動きで吸収しているわけです。カメラ本体やバッテリーを含めた総重量は、およそ20キログラム(機種によって軽いものもあります)通常の何倍も腰に負担がかかるので、カメラマンは専門の知識・技術・体力が求められます。
語りの人が、現地の人と普通に会話しているように聞こえるのは何故?
ナレーターは、現地に同行している訳ではありません。撮影は、カメラなどの技術者と、ディレクターに通訳兼任の現地コーディネーターで行われます。ですから現地での撮影では、現地語を話すコーディネーターと街の人が会話をしているのです。その映像を日本へ持ち帰り、コーディネーターの声だけを消して現場の音(ノイズと言います)に差し替え、その上からナレーターが声を入れています。音声スタジオでは100を超える会話の全てを、このような作業をして会話をしているように再構成するため、丸2日を費やしています。
お気に入りの街がとり上げられません 選ぶ基準は?
番組をご覧になって、同じように歩いてみたいと考える方のために、歩いて安全な街を第一の基準としています。もちろん100%安全とか危険という判断はできませんが、外務省の海外危険情報のホームページで、「注意を喚起」以上の危険度の地域は基本的にとり上げません。また、撮影した後で危険地域に指定された場合は、当ホームページでお知らせしています。もちろん「こんな素敵な街がありますよ」というお便り、メールは大歓迎です。街選びの参考にさせていただきます。
自分でもこの番組のような旅ができますか?ツアーでも可能でしょうか?
「撮影だから、ああいう出会いができるんですよね?」とよく聞かれますが、そんなことはありません。番組の担当者は準備段階で普通の旅人のように街を歩いていますが、多くの方から声を掛けられ、いい出会いをしています。この番組では、日常の光景をつづっています。登場する人たちも、その街に大勢住んでいるような方ばかりです。ですから、実際にその街を自在に歩いてみれば、同じような旅をすることは十分可能です。ツアーでも、自由時間を街歩きに使えば、番組のような旅ができるかもしれません。ただ、当然、一定の語学力がいりますし、同じ都市のなかでも、危険な地域が存在することもありますから、安全には十分注意することが必要です。
レポーターを連れて行った方が良いのでは?
この番組の特徴は、番組をご覧になっているあなたが街を歩いているような気分になる「疑似体験」を重視しています。そのためレポーターを連れて行くことは考えていません。また、例えばタレントさんを7日間連れてゆくとなると、本人の出演料はもちろんスタイリスト、メイク係、マネージャーなど旅費や経費は何倍にも膨れ上がります。現場の風景や人々のふれあいを最優先して撮影を行っているため、限られた予算の中では難しいという側面もあります。因みに撮影スタッフは一日でも長く現地で撮影を行うために、飛行機代(もちろんエコノミーです)やホテル代なども安全を損なわない範囲で極力抑えています。
語りの人はどうやって決めるの?
当番組では、様々なナレーターにご登場していただいております。常連の方々もいらっしゃいますが、街の雰囲気やふれあう人々との相性を考えて、毎回様々な可能性を追求しております。
グルメ情報や観光名所も紹介してほしい
番組の中の「インフォメーション」のコーナーでご紹介するようにしています。本編の歩きの途中では、「あたかも食べたような気になる」のは不可能だからです。同じような趣旨で、お店には入っても買い物は極力しないことにしています。また、その街の名所旧跡ではない、何気ない通りや街角の魅力を感じていただけたら、という思いで番組を作っています。
乗り物には乗らないの?
「自分で歩いているような」疑似体験を目指しているため、歩けるところは歩くようにしています。オープニングでは、大体は何らかの交通機関を使って街へ入るという設定ですので、その時だけは乗り物からの見た目の撮影が多くなります。

Photo

※NHKサイトを離れます
ページトップ