岩崎宏美

第131回 岩崎宏美

再放送 2010年4月20日(火)
初回放送 2010年4月14日(水)

今年、デビュー35周年を迎える岩崎宏美さんを特集します。
1975年「二重唱(デュエット)」でデビューして以来、初期の阿久悠作品や、「すみれ色の涙」「聖母たちのララバイ」など、数々のヒット曲を生み出してきた岩崎宏美さん。歌手活動のほかにも、「屋根の上のヴァイオリン弾き」「レ・ミゼラブル」といったミュージカル出演など、常に“歌うこと”と向き合ってきた日々でした。しかしその歩みは、喉のポリープの手術を経験するなど、決して平坦な道のりではありませんでした。
番組では、彼女が初めて「歌」と出会った場所である小学校を訪ね、「歌」とともに歩んだ人生を振り返ります。
また、ヒット曲をメドレーで披露するほか、歌手としての転機となった『思秋期』、そしてミュージカル「レ・ミゼラブル」から『夢やぶれて(I Dreamed a Dream)』を、フル・オーケストラの演奏でお送りします。

セットリスト

岩崎宏美ベストヒットメドレー
(シンデレラ・ハネムーン~ロマンス~すみれ色の涙~万華鏡~聖母たちのララバイ)

1975年発表の「ロマンス」から1982年「聖母たちのララバイ」まで、ヒット曲をメドレーで。
(オーケストレーション/Pf)青柳 誠
(EB)渡辺 茂
(Gt)古川昌義
(Dr)石川雅春
(Strings&Brass)東京フィルハーモニー交響楽団
夢やぶれて(I Dreamed a Dream)
岩崎宏美さんも出演したミュージカル「レ・ミゼラブル」より。
1987年の紅白でも、岩崎さんはこの曲を披露した。
(指揮) 藤野浩一
(オーケストラ)東京フィルハーモニー交響楽団
(オーケストレーション) 野見祐二
思秋期
1977年・岩崎さんが18歳の時に発表のシングル。
作詞・阿久悠、作曲・三木たかし。
(指揮) 藤野浩一
(オーケストラ)東京フィルハーモニー交響楽団
(オーケストレーション) 野見祐二