さだまさし

第145回 さだまさし

再放送 2010年8月31日(火)
初回放送 2010年8月25日(水)

去年亡くなった父の精霊船を作ったさださんの8月15日に密着。
故郷・長崎、そして父への思いを描きます。

セットリスト

その橋を渡る時
ルビコン川をモチーフに人生の決心を歌った新曲。
ニューアルバム「予感」に収録。
(Ba)一本茂樹
(Gt)松原正樹
(Per)木村“キムチ”誠
(Harmonica)西脇辰弥
精霊流し
1974年、グレープ時代に発表した代表曲。
長崎のお盆の伝統行事「精霊流し」を歌ったこの歌は
シンガーソングライターさだまさしの名を最初に世の中
に知らしめた。現在もコンサートで歌い続けている、
さださんにとって原点ともいえる一曲です。
(Gt)田代耕一郎
(CB)一本茂樹
(Str)篠崎正嗣ストリングス
片恋
「切なく、息苦しいほどの片想い」をテーマに
さださんが書いた同名の小説が完成した
直後にできた、ストレートなラブソング。
父・雅人さんが亡くなってから制作された
ニューアルバム「予感」の一曲目に収録されている。
(Gt)田代耕一郎
(Cello)徳澤青弦