イーグルス

第163回 イーグルス

再放送 総合 2011年1月18日(火)
初回放送 総合 2011年1月12日(水)

今年、結成40周年を迎えたイーグルス。
ウエスト・コースト・ロックの最高峰といわれる彼らの名曲の数々をお送りします。
また、オリジナル・メンバーであるグレン・フライとドン・ヘンリーがSONGSの単独インタビューに応じてくれました。二人の貴重なトークから、今なお愛されるイーグルスの歌の魅力に迫ります。

セットリスト

テイク・イット・イージー(1972)
ファースト・シングルにしてイーグルスの代表曲。全米チャート12位のヒット。グレン・フライとグレンの盟友ジャクソン・ブラウンとの共作。
映像は、イギリスBBCが制作したスタジオライヴ番組で、1973年、セカンド・アルバム「ならず者」リリース直後に収録されたのもの。オリジナル・メンバーの演奏による貴重な映像。
(Vo&Gt)Glenn Frey
(Dr&Cho)Don Henley
(Gt&Cho)Bernie Leadon
(Ba&Cho)Randy Meisner
ホテル・カリフォルニア(1976)
レコーディングに8ヶ月を費やした大作「ホテル・カリフォルニア」のタイトル曲。批判に富んだ歌詞、心に響くメロディー、そして歴史に残るツイン・ギターのフレーズ。記録的なレコードセールスは勿論、グラミー賞アルバム・オブ・ジ・イヤーも受賞。アメリカン・ロック史上最高傑作といわれている名曲。
映像は当時のライヴを収録したもの。PVとして有名な作品で、ファンの間では今でも親しまれている。
(Vo&Dr)Don Henley
(Gt&Cho)Glenn Frey
(Ba&Cho)Randy Meisner
(Gt&Cho)Don Felder
(Gt&Cho)Joe Walsh
デスペラード(ならず者)(1973)
19世紀末のアメリカに実在した強盗団をモチーフにしたコンセプト・アルバムのタイトル曲。ヘンリー=フライのコンビによるバラードの名曲で、リンダ・ロンシュタット、カーペンターズ、平井堅など内外の数多くのアーティストがカヴァーしている。
映像は、2004年、オーストラリアでのライヴ。
(Vo)Don Henley
(Gt&Cho)Glenn Frey
(Gt&Cho)Joe Walsh
(Ba&Cho)Timothy B.Schmit