エルヴィス・プレスリー

第255回 エルヴィス・プレスリー

再放送 総合 2013年4月19日(金)午後11:00 ~ 午後11:29
※4月18日(木)深夜
初回放送 総合 2013年4月13日(土)午後11:00 ~ 午後11:29

20世紀のポップス&ロックの金字塔、エルヴィス・プレスリー。
生前、来日公演を一度も行うことがなかった彼が日本に最も近づいた伝説のハワイ公演から、今年で40年。
1960年代後半、ビートルズやザ・ローリング・ストーンズなど英国を代表するバンドの台頭により人気に陰りが出るなか、歌手として見事に復活を果たしたエルヴィス。
黄金期を迎えようとしていた彼が満を持して計画したのが衛星生中継コンサート。世界30カ国以上、15億人が見たと言われるライブは日本でもゴールデンタイムに放送され、視聴率は40%に迫る驚異的な数字を記録した。
その裏側には多くの日本人が関わり、「日本のファンのための公演」と今でも語りつがれている。
番組では圧巻のライブパフォーマンス、そして貴重な証言をもとに一時代を築いたスーパースターの魅力に迫る。

セットリスト

「シー・シー・ライダー」
1973年のライブ「アロハ・フロム・ハワイ」より。
エルヴィスがステージに登場して最初に披露した楽曲。
「バーニング・ラブ」
「アロハ・フロム・ハワイ」より。
1972年に大ヒットしたロックン・ロールナンバー。
「ハートブレイク・ホテル」
1956年放送、米TV番組「ステージ・ショー」より。
全米音楽チャート8週連続1位を獲得した楽曲。
「冷たくしないで」
1956年放送、米TV番組「エド・サリヴァン・ショー」より。
視聴率82.6%を記録したパフォーマンス。
「ラブ・ミー・テンダー」
1956年放送、米TV番組「エド・サリヴァン・ショー」より。
「監獄ロック」
「G.I.ブルース」
「好きにならずにいられない」

「銀幕スター」として活躍した、50年代~60年代の劇中歌より。
「この胸のときめきを」
1969年、ラスベガスに向かったエルヴィス。それまでの観客動員記録を塗りかえ、エルヴィスが復活を遂げたステージ。1971年にはライブの模様を撮影した映画「エルヴィス・オン・ステージ」が日本公開。エルヴィスの人気に再び火がついた。
「サスピシャス・マインド」
「アロハ・フロム・ハワイ」より。
1969年発表の大ヒットナンバー、この楽曲で7年ぶりに全米音楽チャート1位に返り咲いた。
「好きにならずにいられない」
「アロハ・フロム・ハワイ」より。
世紀のライブをしめくくった、1961年発表の名曲。