テレサ・テン

第264回 テレサ・テン

再放送 総合 2013年6月21日(金)午後11:00 ~ 午後11:29
※6月20日(木)深夜
初回放送 総合 2013年6月15日(土)午後11:00 ~ 午後11:29

「時の流れに身をまかせ」「つぐない」「愛人」など
数多くの大ヒット作で日本の歌謡界に歴史を刻んできたテレサ・テン。
1995年に42歳の若さでこの世を去ってから今年で18年。生誕60周年を迎えた。
台湾出身のテレサは、10代のころから「アジアの歌姫」としてスポットライトを浴び、
香港・マレーシア・シンガポール・インドネシアなど各国で国境を超えて愛されてきた。
一方で、テレサの生涯は、不安定なアジア情勢に翻弄され続けたものだった。
今回は、今なお色あせないテレサの歌声をたっぷりとお届けし、
国内外の貴重な映像や関係者の証言を紹介する。
日本では知られる機会の少なかった、
アジアポップス界を代表する歌手としてのテレサ・テンの魅力に迫る。

セットリスト

空港 (1974年)
日本デビュー2作目のシングル。アイドル路線のデビュー曲「今夜かしら明日かしら」からうってかわって、演歌調の曲でヒット。日本レコード大賞新人賞をふくめ、多くの新人賞を受賞。
つぐない (1984年)
「パスポート事件」を経て、レコード会社を移籍、日本で本格的に再始動した曲。大阪、九州を中心に有線で火がつき、1984年の日本有線大賞、全日本有線放送大賞に輝いた。
愛人 (1985年)
「つぐない」に続き、作曲家三木たかし、作詞家荒木とよひさのコンビで作った大ヒット曲。念願の紅白初出場を果たした。
時の流れに身をまかせ (1986年)
言わずと知れたテレサ・テン一番の代表作。テレサ一番のお気に入りの歌とされている。中国語バージョンもアジアで人気がある。
何日君再来
1930年代に中国で流行、日本でも李香蘭や渡辺はま子の歌で親しまれた。中国や台湾では時代の流れで放送禁止にあいながらも常に人々に親しまれてきた。テレサ・テンがリバイバルヒットさせた。
夜来香
テレサ・テンが子供の頃から何度も歌ってきた往年の名曲。晩年、パリで収録された最後の曲のひとつ。