德永英明

第268回 德永英明

再放送 総合 2013年8月2日(金)午後11:00 ~ 午後11:29
※8月1日(木)深夜
初回放送 総合 2013年7月27日(土)午後11:00 ~ 午後11:29

「レイニーブルー」「壊れかけのRadio」などで知られるシンガーソングライター德永英明が、
香川県の直島をたずね、島に点在するアート作品にふれる。
画家志望だった父親の影響で絵に興味を持つようになった德永は、
島の美術館に常設展示されているクロード*モネの「睡蓮」を見たいと強く思っていた。
同じモチーフを繰り返し描き直し、完成度を高めたという執念の大作だ。
女性ボーカルの名曲を歌う「VOCALIST」シリーズを経て、今回4年ぶりに
オリジナルアルバムを発表、いま新たなメッセージを発信しようとしている德永英明が、
直島のアートに触発されながら、自らの音楽活動を見つめ直す。

セットリスト

レイニーブルー
1986年に発表されたデビュー曲。 19歳で上京した德永さんは父親から「25歳までにデビューできなかったら、自分と同じ保険の営業マンになれ」と忠告されていた。24歳10ヶ月、ぎりぎりの状況でデビューが決まり、德永さんは父との約束を果たした。
(Pf/Arr)坂本昌之
(Ba)松原秀樹
(Dr)江口信夫
(EG)土方隆行
(AG)古川 望
(Strings)大先生室屋ストリングス
(Mani)岡村友篤
壊れかけのRadio
1990年に発表されたヒット曲。ヒット曲を生み出す重圧に悩んでいた德永さんは、中学生の頃に純粋に音楽と向き合っていた頃の自分を思い出し、この曲を書き上げた。
(Pf/Arr)坂本昌之
(Ba)松原秀樹
(Dr)江口信夫
(EG)土方隆行
(AG)古川 望
(Mani)岡村友篤
STATEMENT
今年50代を迎えた德永さんは様々な葛藤を抱えながらも、笑顔で前進しようとする意思をすがすがしく、力強く表現。 「自分次第で運命は変えていける」という強いメッセージを込めた。
(Pf/Arr)坂本昌之
(Ba)松原秀樹
(Dr)江口信夫
(EG)土方隆行
(AG)古川 望
(Mani)岡村友篤