Mr.Children

第321回 Mr.Children~心を打つ歌、そして言葉~

再放送 総合 2014年12月5日(金)午前1:30 ~ 午前1:59 ※12月4日(木)深夜
初回放送 総合 2014年11月29日(土)午後11:15 ~ 午後11:44

1992年のデビュー以来、数々の大ヒット曲を生み出してきた、日本を代表するロックバンドMr.Children。彼らは現在、1年以上にわたる長期レコーディング中。そこで今回の「SONGS」では{これまでのMr.Children}と{これからのMr.Children}を表現すべく新旧のヒット曲をふんだんに織り交ぜた代表曲満載のスタジオパフォーマンスをお届けする。ダブルミリオンを超える売り上げを記録した「名もなき詩」や2000年のヒット曲「口笛」などライブでの人気曲に加えて2年7カ月ぶりのシングルに収録される最新楽曲も披露する貴重なスタジオパフォーマンスとなった。

セットリスト

名もなき詩
(桜井さんによるライナーノーツ)
頭を真っ白にして自然と湧いてきた言葉を元に書きました。無意識だったからこそ、“愛の本質”のようなものを2番のサビに表すことができたんじゃないかなと思います。
(Vo)桜井和寿
(G)田原健一
(B)中川敬輔
(Dr)鈴木英哉
口笛
(桜井さんによるライナーノーツ)
歌詞は当時、東北の風景を見ながら書いたものです。「言葉にならない気持ちや希望、そんな想いが口笛のように響き渡る」そんなシーンを描いています。
(Vo)桜井和寿
(G)田原健一
(B)中川敬輔
(Dr)鈴木英哉
足音 ~Be Strong
(桜井さんによるライナーノーツ)
すごくシンプルに“4人の骨格”を表現した曲で歌詞にも“バンドの今”が注がれています。
(Vo)桜井和寿
(G)田原健一
(B)中川敬輔
(Dr)鈴木英哉
Melody
(桜井さんによるライナーノーツ)
「聴くだけでワクワクする」そんな楽曲を目指してレコーディングをしました。よりポップに受け取ってもらえるように、“クリスマス”という言葉をサビに選んでいます。
(Vo)桜井和寿
(G)田原健一
(B)中川敬輔
(Dr)鈴木英哉
放たれる
(桜井さんによるライナーノーツ)
女性の気持ちになりきって書いた歌詞です。「わずかな光を頼りに上を向く」誠実な希望の歌です。
(Vo)桜井和寿
(G)田原健一
(B)中川敬輔
(Dr)鈴木英哉