NHKスペシャル内を検索

放送内容

歴史・紀行

新シルクロード
第8集 カラホト 砂に消えた西夏

初回放送

総合 2005年10月16日(日)
午後9時00分~9時59分 総合

関連ジャンル

  • 歴史・紀行

  • カラホトを行くラクダのキャラバン

  • 西夏文字の手紙(エルミタージュ美術館収蔵)

作家井上靖の「敦煌」で知られる西夏王国は、11世紀にシルクロード・河西回廊の覇者となる。その軍事と交易の拠点のひとつは黒河が流れ込む湖のほとりにあったカラホト、黒城であった。
西夏の人々は独自の西夏文字を開発し、優れた仏教芸術や文化を残したが、14世紀後半から15世紀にかけて、カラホトとともに歴史の闇へと姿を消す。何故西夏の民は城を捨て、カラホトは滅んでいったのか。今、その謎を解明する国際共同研究が自然環境と文献データの両面から進んでいる。
その結果、地球規模の気候変動と民族抗争の果てに黒河の流れに異変が生じ、カラホト周辺の砂漠化が進んでいったことがわかってきた。一方で今、カラホト近郊のオアシスでも黒河の枯渇のため砂漠化が急激に進み、故郷を追われる人々-「環境難民」があとを絶たない。水の枯渇-そしてそれが引き起こす民族とその伝統文化の消滅。かつて西夏の民を襲った悲劇が今また繰り返されようとしている。
最新の研究成果と現地ルポを重ね合わせながら、シルクロード最大の謎とされたカラホト滅亡の真相に迫り、過去と現代にわたって繰り返されてきた、水をめぐる悲劇を描く。

このページのトップへ

  • Twitter @nhk_n_sp クリックするとNHKサイトを離れます
  • 見逃さないよう放送予定をメールでお知らせ 「お気に入り番組ウォッチ」
  • NHKオンデマンド 過去の放送をいつでも好きな時間に 視聴することができます。(有料)

NHK ONLINE

Copyright NHK(Japan Broadcasting Corporation) All rights reserved.
許可なく転載を禁じます。