NHKスペシャル内を検索

放送内容

国際

マグロが食卓から消える?
~世界の魚争奪戦~

初回放送

総合 2006年9月10日(日)
午後9時00分~9時49分 総合

関連ジャンル

  • 国際
  • 社会

日本人が大好きな魚・マグロ。日本人が1年間に食べるマグロは、およそ55万トン。世界のマグロ漁獲量の実に4分の一を独占している。しかしこのマグロが今、供給不足に陥り価格が高騰。将来、私たちの食卓に上らなくなると心配されている。一体、マグロに何が起きているのか。

世界の魚の流通が、大きく変わろうとしている。経済発展の波に乗って魚の消費量が増え、世界の4割に達しようとしている中国。鳥インフルエンザ、BSEの発生以来、安全と健康志向で 魚食ブームにわく欧米諸国。その影響で、世界一の水産物マーケットを持つ日本に集中していた魚が、『日本離れ』を始め、熾烈な獲得競争が起きている。

世界の水産物マーケットを揺るがす台風の目となっている中国は、急速に輸出国から消費国へ構造転換している。これまで上海など沿岸部の富裕層しか口にしなかった海鮮料理を、内陸部の人まで大量に食べるようになり、海の魚の消費量が爆発的に増え始めたのだ。マグロや伊勢エビなど、高級食材から大衆魚まで、世界の魚が一斉に中国へと向かい始めている。

こうした中、世界の水産マーケットでは、日本の商社が、海外のバイヤーに買い負けし、日本向けに充分な魚が確保できない事態が相次いでいる。
一方で、日本最大の遠洋マグロの基地・宮城県気仙沼では、マグロ船主が次々と廃業し、大量の船員が船を降り、日本の遠洋マグロ漁は存亡の危機に立たされている。

番組は、中国の巨大な胃袋のパワーや世界の水産物資源の争奪の現場を取材し、これまで世界の海産物を独占し、輸入に依存し飽食を謳歌してきた日本人の食卓が、今後、どう変わるのかを見つめる。

このページのトップへ

  • Twitter @nhk_n_sp クリックするとNHKサイトを離れます
  • 見逃さないよう放送予定をメールでお知らせ 「お気に入り番組ウォッチ」
  • NHKオンデマンド 過去の放送をいつでも好きな時間に 視聴することができます。(有料)

NHK ONLINE

Copyright NHK(Japan Broadcasting Corporation) All rights reserved.
許可なく転載を禁じます。