NHKスペシャル内を検索

放送内容

医療・健康

シリーズ 認知症 その時、あなたは
第1回 "常識"を変えよう

初回放送

総合 2006年12月17日(日)
午後8時00分~8時44分 総合

関連ジャンル

  • 医療・健康
  • 社会

急速な高齢化に伴い、日本の認知症患者は急増中。今や全ての人が避けて通れない問題に。そこでNHKでは「認知症になっても、誰もが安心して暮らせる社会を作る」ためのキャンペーンを展開する。そのスタートにあたり、2回シリーズで、近年、大変革を遂げた「医療」と「介護」の最新情報を紹介するとともに、家族や地域、施設がかかえる課題について考えていく。
第1回は、「手の施しようがない」「本人は何も分からなくなる」といった認知症をめぐる古い“常識”や“偏見”を一掃する。
治療薬の登場と生活面でのサポートによって、診断から5年たった今も穏やかな日々を送る女性…。認知症を引き起こす疾患の一つ、アルツハイマー病の「根本治療」を目指す新薬を巡り、開発競争が繰り広げられるアメリカの現場と、その研究に協力する患者たち…。予防をめぐる研究や課題…。そして、家族やプロの介護スタッフが「手に負えない」と投げ出すほど激しい徘徊や暴力などの症状を押さえ、「その人らしく」暮らすことを可能にする画期的な介護の手法…。
かつて「絶望の病」と思われていた認知症だが、患者本人や家族、介護者、そして医療関係者が、正しい知識を持ち、正面から向かい合えば、解決できることは格段に増えるはず。高齢者ならずとも必見の103分間。


<出演>
・遠藤英俊さん :医師 国立長寿医療センター包括診療部長(愛知県大府市)認知症医療の専門家
・永田久美子さん:認知症介護研究・研修東京センター主任研究主幹介護研究の専門家
・高見国生さん :全国組織の患者家族会「認知症の人と家族の会」代表
・宮崎美子さん :女優 視聴者の方と同じ目線で認知症に関する新しい「常識」を知っていく。
・一般の方もスタジオにいらっしゃいます。(15~20名程度)
:認知症の介護まっただ中の方、過去に経験された方、これから老いを迎える団塊の世代 など



<キャスター>
森本健成アナウンサー

このページのトップへ

  • Twitter @nhk_n_sp クリックするとNHKサイトを離れます
  • 見逃さないよう放送予定をメールでお知らせ 「お気に入り番組ウォッチ」
  • NHKオンデマンド 過去の放送をいつでも好きな時間に 視聴することができます。(有料)

NHK ONLINE

Copyright NHK(Japan Broadcasting Corporation) All rights reserved.
許可なく転載を禁じます。