NHKスペシャル内を検索

放送内容

社会

コムスン ショック
~揺れる介護現場~

初回放送

総合 2007年9月10日(月)
午後10時00分~10時49分 総合

関連ジャンル

  • 社会
  • 医療・健康

いま介護の現場が“コムスン・ショック”に揺れている。今年6月、介護サービス最大手だったコムスンが厚労省の処分を受け事業からの撤退を決定。コムスンのサービスを受けてきた過疎地や深夜の訪問介護の利用者を中心に“介護難民”が発生する恐れが広がっている。これまでコムスンは、こうした採算のとりにくい利用者の多くを、現場に無理を強いることで担ってきた。しかし過酷な労働条件や待遇面の厳しさなどから、今後の引き受け手が見つからないのだ。また、今まで認められていた家事援助などのサービスを突然打ち切られ、日々の生活に困る高齢者も急増している。介護事業をコムスンなどの民間企業に開放した結果、介護費用の給付額が予想を上回るペースで増えたため、国は「量の確保」から「質の重視」へと方針を転換、給付の大幅な抑制を始めたためだ。「社会全体で介護を支える」「民間企業の参入で質の高いサービスを誰もが受けられる」と高い理念を掲げていた介護保険制度。しかしスタートから7年、その実態は大きく異なることが明らかになった。コムスン撤退によって吹き出した制度の矛盾と課題を、コムスンや厚労省関係者、介護現場の徹底取材から浮かび上がらせる。

このページのトップへ

  • Twitter @nhk_n_sp クリックするとNHKサイトを離れます
  • 見逃さないよう放送予定をメールでお知らせ 「お気に入り番組ウォッチ」
  • NHKオンデマンド 過去の放送をいつでも好きな時間に 視聴することができます。(有料)

NHK ONLINE

Copyright NHK(Japan Broadcasting Corporation) All rights reserved.
許可なく転載を禁じます。