NHKスペシャル内を検索

放送内容

人物

にっぽん 家族の肖像
第4集 明日への いのち
~12年目の震災遺児~

初回放送

総合 2007年9月17日(月)
午後10時00分~10時49分 総合

関連ジャンル

  • 人物

6434人が犠牲になった阪神淡路大震災。
親を亡くした子どもたちは、573人にのぼる。(あしなが育英会調べ)
 あれから12年、成人した子どもたちはいま、それぞれ新たな家族を築き、親として子育てを始めようとしている。
 小学5年生で被災し、母親と兄を亡くした誠さん。一緒に助かった父親は震災後失踪した。3年前結婚し、男の子が産まれた誠さん。自分を捨てた父親をずっと許せなかったが、自分自身が父親になったことで、心境に変化が出てきたという。父親の居場所を探し出し、妻と子を、新しい家族として紹介したいと考えている。
 震災で両親を失った綾香さんは当時小学6年生。以来、悲しみを心の中に封じ込め、周囲にも心を閉ざして生きてきた。「家族は所詮、他人の固まり」という綾香さん。心を開いてくれたのは、同じ境遇の子どもたちとの出会いだった。定期的に開かれる集まりに参加してきた綾香さん。そこで知り合った男性と去年結婚し、今年6月には、赤ちゃんが生まれた。
  親の愛を震災によって突然断ち切られ、そのことで親への思いを募らせてきた子ども たち。自分たちが家庭を築くとき、亡き親の思いをどのように受け止めていくのか。新たに家族の絆を育もうと懸命に生きる若者たちの姿を見つめる。

このページのトップへ

  • Twitter @nhk_n_sp クリックするとNHKサイトを離れます
  • 見逃さないよう放送予定をメールでお知らせ 「お気に入り番組ウォッチ」
  • NHKオンデマンド 過去の放送をいつでも好きな時間に 視聴することができます。(有料)

NHK ONLINE

Copyright NHK(Japan Broadcasting Corporation) All rights reserved.
許可なく転載を禁じます。