NHKスペシャル内を検索

放送内容

医療・健康

認知症 なぜ見過ごされるのか
~医療体制を問う~

初回放送

総合 2008年1月20日(日)
午後9時00分~10時29分 総合

関連ジャンル

  • 医療・健康

去年12月に始まった認知症キャンペーン。
「歳だから仕方がない」、「絶望の病」といった“古い常識”を一掃するため、認知症は早期発見によって治療の可能性も広がっているという研究の最前線を伝えてきた。

しかし、NHKに寄せられた患者・家族たちの声からは、認知症の人々をめぐる「医療」の問題が、課題として浮かび上がってきた。
「年相応の物忘れと言われている間に症状が進行してしまった」、「どこに行けばいいのか?」という患者・家族の叫び。また、たとえ認知症と診断されても、在宅や施設での暮らしに医療がほとんど手をさしのべていないという実態。認知症は「診断までが医療、その後は介護」という意識が根強い中で、認知症の人々は必要な医療を受けられずにまさに“見過ごされている”のだ。

番組では、認知症を見過ごさないためには何ができるのか、診断・治療の現場をルポ、医療は認知症になにができるのか、国の施策を問いながらその道筋を考えていく。

このページのトップへ

  • Twitter @nhk_n_sp クリックするとNHKサイトを離れます
  • 見逃さないよう放送予定をメールでお知らせ 「お気に入り番組ウォッチ」
  • NHKオンデマンド 過去の放送をいつでも好きな時間に 視聴することができます。(有料)

NHK ONLINE

Copyright NHK(Japan Broadcasting Corporation) All rights reserved.
許可なく転載を禁じます。