NHKスペシャル内を検索

放送内容

経済

追跡!世界キティ旋風のナゾ

初回放送

総合 2012年5月12日(土)
午後9時00分~10時13分 総合

関連ジャンル

  • 経済

製造業に替わる『新・ニッポンブランド』として期待される日本のコンテンツビジネス。しかし、ゲームやファッションなど「文化」は注目されても「商売」には結びつかず、コンテンツ産業の海外輸出額は、国内市場の5%にとどまっている。
そんな中で、世界を相手に躍進を続けているのが、キャラクター・ブランド「ハローキティ」。社会主義国家やイスラム国家、軍事政権下の国まで含め、創業からわずか一代で進出した国と地域は「109」。ライセンスによるビジネスで、営業利益150億円を稼ぎ出している。その成功の秘けつは、戦後日本の消費行動が生んだキャラクターならではの「自由さ」を売りにしたことだった。
さまざまな世界の「壁」に苦しみながら、挑戦を続ける日本コンテンツ産業。「ハローキティ」をはじめ、さまざまな企業の苦闘の様子を追い、『新・ニッポンブランド』が世界で生き残っていくために必要なモノは何かを探っていく。

放送を終えて

世界109の国と地域に拡がるハローキティ。一年間に稼ぎ出す利益は150億円。カワイイだけじゃない“キティちゃん”の秘密を探った今回の番組。私たちは、キティに負けじと世界15都市を駆け回り、徹底したヒアリングを敢行しました。中東や欧州、北米での調査を通して判明した購入動機の第一位は「ピンクだから」。散々調べた結論が「ピンク」。愕然としましたが、実はここに、周到なビジネス戦略が隠れていました。かつて、ピンク色はベビー用品のみに使われ、キャラクターにはタブーとされていました。そんななか、日本でキティの担当デザイナーが、7年連続でピンクを猛プッシュして、日本でピンクを浸透させていました。さらに、いまや世界各地にいるピンク好きのキティコレクターたち。彼女たちの存在は、シックなデザインが多かった海外でも、ピンクが受け入れられた何よりの証拠です。そして、海外向けのデザイン戦略を練るイタリアのデザインルーム。ここでもピンクが主力なデザインとして活用されていました。大ヒットの深層に迫るには、とにかく人の話を聞くこと。その重要性を改めて実感した番組でした。

ディレクター 渡辺隆文

このページのトップへ

  • Twitter @nhk_n_sp クリックするとNHKサイトを離れます
  • 見逃さないよう放送予定をメールでお知らせ 「お気に入り番組ウォッチ」
  • NHKオンデマンド 過去の放送をいつでも好きな時間に 視聴することができます。(有料)

NHK ONLINE

Copyright NHK(Japan Broadcasting Corporation) All rights reserved.
許可なく転載を禁じます。