NHKスペシャル内を検索

放送内容

自然・環境

世界遺産 富士山
~水めぐる神秘~

初回放送

総合 2013年6月30日(日)
午後9時00分~9時58分 総合

関連ジャンル

  • 自然・環境

6月下旬、古くから日本人の信仰と芸術の源泉であった富士山が、ユネスコ世界文化遺産に登録されることが濃厚になった。世界遺産の構成資産としては、富士山をご神体とする浅間神社や、参拝者が宿泊した御師(おし)住宅、そして忍野八海・白糸の滝・富士五湖など。ユネスコの諮問機関イコモスは、富士山の影響を「日本をはるかに越えて及んでおり、今や国家的意義を広範に越えている」と評価した。こうした世界的・普遍的な文化価値を理解する鍵は、富士山の「湧水」にある。富士山信仰の原点である富士山本宮浅間大社は、9世紀、噴火を繰り返してきた山を鎮めるため、水が豊富に湧き出す地に建てられた。祀るのは、水の女神。富士山への信仰は即ち、水への祈りでもあった。江戸時代、庶民に広まった「富士講」の信者たちは、湧水を使って川と池と滝が作られた御師住宅に泊まり、湧水地である忍野八海や白糸の滝、湖などの自然の聖地を巡礼した。
信仰を支えた富士の湧水。一年の降水量が20億トンを超える富士山は、麓に沢山の湧水をもち、“水の山”と呼ばれている。しかし、山の表面には川がなく、地下のメカニズムは今も多くの謎に満ちている。
番組では、最新の研究を基に、富士山の水がどのように地下を流れ、豊かな湧水として地表に現われ、人びとの暮らしや信仰や芸術に関わってきたのかを解明していく。地層の隙間を走る巨大な地下水脈、洞窟に出現した「氷の宮殿」、忍野八海の秘められた水中トンネル、そして海底に富士山の水が湧き出ているとされる駿河湾にも初めて撮影を挑む。湧水が生み出した様々な絶景を最新の4Kカメラで撮影しながら、人類の「文化遺産」を創り出した、知られざる「富士の湧水の世界」にご招待する。

  • この放送回の内容をNHKオンデマンドでご覧いただけます。NHKオンデマンド

このページのトップへ

  • Twitter @nhk_n_sp クリックするとNHKサイトを離れます
  • 見逃さないよう放送予定をメールでお知らせ 「お気に入り番組ウォッチ」
  • NHKオンデマンド 過去の放送をいつでも好きな時間に 視聴することができます。(有料)

NHK ONLINE

Copyright NHK(Japan Broadcasting Corporation) All rights reserved.
許可なく転載を禁じます。