NHKスペシャル内を検索

放送内容

経済

成長か、死か
~ユニクロ 40億人市場への賭け~

初回放送

総合 2013年11月17日(日)
午後9時00分~9時49分 総合

関連ジャンル

  • 経済

今年、初めて売上高1兆円を超えたファーストリテイリング。衣料品チェーン「ユニクロ」を展開し、年々売り上げを伸ばしている。
その原動力となっているのが海外での大量出店。年間150店舗という驚異的なペースで出店を続けている。ユニクロがグローバル展開を急ぐ背景には、世界で激化するファストファッション競争がある。日本ではトップのユニクロも、ZARA(スペイン)やH&M(スウェーデン)といったライバルに及ばず現在世界4位。
柳井社長は、同じことをしても追いつけないと新たな戦略に打って出た。
その一つが「ベースオブピラミッド(BOP)」と呼ばれる世界最貧国市場への進出。今年7月、ユニクロは競合他社に先駆けてバングラデシュに店をオープンさせ、Tシャツ一枚230円という破格の安さで勝負に出た。最貧国の一つバングラデシュでビジネスを成功させることができれば、アフリカなど世界中どこでも商売ができると語る柳井社長、「2020年に世界4,000店舗、売上高5兆円」という目標を掲げ、世界ナンバーワンを目指す。
番組では、ユニクロのバングラデシュ出店戦略に密着。新たなマーケットを切り開く最前線を追い、グローバル市場での苛烈な競争にしのぎを削る日本企業の姿をドキュメントする。

放送を終えて

世界のアパレルメーカーが、これまで「生産拠点」としてしか見ていなかったバングラデシュを、初めて「市場」としてとらえて出店したユニクロ。グローバル化の波はいよいよここまできたかと驚く一方で、その現場を見たいという気持ちにかきたてられた。半年にも及ぶ取材交渉を経て、私たちが最初にダッカに駐在の社員に会うことを許されたのは今年4月。場所はオフィスではなく、なんと彼らのアパートだった。街でゼネストが起きていて、死者も出ており危険でオフィスに行けないという。
そんな過酷な環境の中、たった5人の社員で出店の準備をしていることにまず驚いた。しかも、1年で30店舗出すことを目指しているという。とてつもないスピード感と成長意欲だ。そして、日本の1等地、銀座で起きているようなファストファッション戦争が、いよいよダッカでも起きようとしている現実。すべてを飲み込むグローバル化を、みなさんはどのように受け止めたでしょうか?
世界を相手に戦っていくため、社員たちに高いハードルを課すユニクロの姿勢は、これまで度々批判にさらされてもきた。取材者として、現場で奮闘する社員を応援したい気持ちが沸く一方で、今、目の前で起きていることは社会でどのような意味を持つのか?そんなことを常に考えさせられた取材現場だった。

ディレクター 宇野裕一郎

このページのトップへ

  • Twitter @nhk_n_sp クリックするとNHKサイトを離れます
  • 見逃さないよう放送予定をメールでお知らせ 「お気に入り番組ウォッチ」
  • NHKオンデマンド 過去の放送をいつでも好きな時間に 視聴することができます。(有料)

NHK ONLINE

Copyright NHK(Japan Broadcasting Corporation) All rights reserved.
許可なく転載を禁じます。