NHKスペシャル内を検索

放送内容

歴史・紀行

二つの遷宮
伊勢と出雲のミステリー

初回放送

総合 2014年1月4日(土)
午後10時00分~10時49分 総合

関連ジャンル

  • 歴史・紀行

1日と2日に放送した、シリーズ遷宮「第1回 伊勢神宮~アマテラスの謎~」と「第2回 出雲大社~オオクニヌシの謎~」。「日本」という国の始まりを紐解くその2つの神話には様々な接点があります。『二つの遷宮』は、「伊勢と出雲」、「アマテラスとオオクニヌシ」、その関係性を探ってゆく紀行番組です。旅の舞台は伊勢と出雲、そしてそれを結ぶ重要な鍵を握る奈良。カメラは2つの神話に描かれた古代史の舞台を巡ってゆきます。伊勢神宮に祀られたアマテラスよりも先に全国に影響力を持っていたのが、出雲大社に祀られるオオクニヌシ。これまで対立するものとして捉えられてきた両者は、実は、深い慮りによって共存していたのでは…。2つの神話に登場する現場をじっくり訪ねてゆくと、神話に秘められた古代史の姿が徐々に浮かび上がってきます。神話と歴史が交錯する古代ロマンの世界に浸っていただきます。

放送を終えて

纒向遺跡は、東西2キロ、南北1.5キロ、3世紀前半の巨大集落遺跡だ。2009年から中心部の発掘が行われ、倭国王・卑弥呼の王宮の可能性があるという建物群が出土した。ところがそこには、伊勢神宮型と出雲大社型の建物が、6メートルの間隔で並んでいたのだ。二つのタイプの建物は、神宝などを納めた蔵と、王の居住棟と考えられる。3世紀の王宮の建物が、伊勢と出雲という日本を代表する神社に受け嗣がれたと考えられるという。
この纒向遺構の調査に立ち会うことができたお陰で、その4年後、私は伊勢と出雲の遷宮の番組に携わっている。うーん、これは神の悪戯なのか?

ディレクター 伊藤敏司


奇しくも同じ年に遷宮を迎えた伊勢神宮と出雲大社。実際に両社を訪ねて感じたのは、その場に流れる“空気”が大きく異なることだった。
深い森の中に天照大神が鎮められた伊勢神宮。しんと冷える冬の朝、内宮の鳥居前には、日の出を待つ人たちが静かに集う。新たに建て替えられたお宮も神職さんも凛として、荘厳そのもの。一方、大国主神が鎮められた出雲大社では、とにかく若い女性の姿が目立つ。いまや縁結びのパワースポットとして有名になり、和やかな雰囲気が満ちている。
そこで今回は、参拝者の目線でふたつの神社を“体感”してもらおうと、ステディーカムを用いた撮影を行った。浮遊感のある映像で、ゆるりと両社を訪ねた気分を味わっていただき、その奥に秘められた歴史ロマンに耳を傾けてもらえていたら嬉しい。(・・・でも、このステディカム、実はとっても重いんですよ。)

ディレクター 渡辺隆文

  • この放送回の内容をNHKオンデマンドでご覧いただけます。NHKオンデマンド

このページのトップへ

  • Twitter @nhk_n_sp クリックするとNHKサイトを離れます
  • NHKオンデマンド 過去の放送をいつでも好きな時間に 視聴することができます。(有料)

NHK ONLINE

Copyright NHK(Japan Broadcasting Corporation) All rights reserved.
許可なく転載を禁じます。