NHKスペシャル内を検索

放送内容

自然・環境

里海 SATOUMI
瀬戸内海

初回放送

総合 2014年3月23日(日)
午後9時00分~9時49分 総合

関連ジャンル

  • 自然・環境

瀬戸内海の環境がここ数年、劇的に良くなってきたと研究者や漁師は口をそろえる。高度経済成長期には赤潮が頻発した「瀕死の海」が、なぜよみがえったのか。人も海の一員と考え、自然のお世話をしながら命のサイクルを活性化させる「里海」が、海の力を回復させたのだ。
この日本独特のやり方は今、“SATOUMI”として世界に注目されている。汚染や海洋資源の枯渇に悩む世界中の海の解決策として、導入が始まっている。
沖合いでカキを養殖するカキ筏で繰り広げられる自然の大スペクタクル。「海のゆりかご」アマモ場の生き物たちの競演。絶滅寸前からよみがえった「生きている化石」カブトガニや、イルカの仲間スナメリの貴重な映像…。四季折々の瀬戸内海の映像美を堪能しながら、世界が熱い視線を送る「里海の世界」にいざなっていく。

放送を終えて

約1年かけて制作したこの番組。スタッフ全員で「瀬戸内海で今起きていることを、理屈ではなく、徹底的に映像美にこだわって伝えよう」と決め、様々なカメラを駆使して1000時間を超える撮影を敢行しました。視聴者から、たくさんの好評の声が寄せられ、ほっとしています。
(広島局ディレクター 花井利彦)

大潮のリズムに呼応するように生き物が一斉に産卵したり、ある朝突然アマモが浜辺一面に流れ着いていたり、人の暮らしの近くの海で神秘的なサイクルが紡がれ、人もその一部として複雑に作用し合っていることに驚く日々でした。初めて海とのつながりを実感した取材となりました。
(広島局スタッフディレクター 宮埜舞)

「自然を生かすも殺すも、人の手次第ですね」。頂いたこの感想は、取材中、正に私が感じ続けてきたことでした。人も自然の循環の一部と捉える瀬戸内海発の「里海」の精神。自然とどう付き合っていくべきか。人間の責任、自分の生き方を問いながらの番組制作でした。
(岡山局ディレクター 伊藤加奈子)

放送後、取材先にいつものように恐る恐る感想を聞いてみました。「こんなきれいだとは!こんな効果があったとは!」改めて身近な海を見直すきっかけとなったと喜んでくれました。これで初めて苦労が報われた気がしました。協力してくれた取材先や仲間たちに感謝あふれる放送となりました。
(山口局ディレクター 藤島恵介)

  • この放送回の内容をNHKオンデマンドでご覧いただけます。NHKオンデマンド

このページのトップへ

  • Twitter @nhk_n_sp クリックするとNHKサイトを離れます
  • 見逃さないよう放送予定をメールでお知らせ 「お気に入り番組ウォッチ」
  • NHKオンデマンド 過去の放送をいつでも好きな時間に 視聴することができます。(有料)

NHK ONLINE

Copyright NHK(Japan Broadcasting Corporation) All rights reserved.
許可なく転載を禁じます。