NHKスペシャル内を検索

放送内容

自然・環境

大アマゾン 最後の秘境

大アマゾン 最後の秘境
第3集
緑の魔境に幻の巨大ザルを追う 

初回放送

総合 2016年6月12日(日)
午後9時00分~9時49分 総合

関連ジャンル

  • 自然・環境

“最後の秘境”アマゾン川に、まだ見ぬ世界を追うシリーズ。第3集は、密林の奥深くに潜む「伝説の巨大ザル」を追う。アマゾンの鬱蒼としたジャングルは正に魔界。未だ新種の発見が相次ぎ、魑魅魍魎(ちみもうりょう)の伝説も数多く語り継がれている。こうした怪物伝説の中でも、特に注目されるのが「巨大ザル」の存在だ。体長1メートルを超えるサルは南米にはいないとされる中で、今もアマゾンのあちこちで、大型のサルの目撃例が後を絶たない。約100年前に撮影された類人猿のような姿をしたサルは「モノス」と呼ばれ、その正体をめぐって、今も多くの注目を浴びている。取材班はその「伝説」を追い、人跡未踏のジャングルの奥深くへと分け入る。驚くほど豊かなアマゾンの生態系と、謎に満ちたサルたちの映像で織りなすエキサイティングな冒険活劇。

放送を終えて

番組をご覧下さった皆様、どうもありがとうございました。「あんな過酷な場所に行って取材班は大丈夫だったのか?」という反響を数多く頂きましたが、お陰様で無事生還しました。虫刺されの猛烈なかゆみも、今はほとんど収まっています。
さて、今回の取材では最大の目標であった「未知の巨大ザル」には結局出会えませんでした。肩すかしをくらったという方がいたら、ごめんなさい。私たちとしても、完全に本気で探していただけに非常に悔しい限りです。
今回、私たちが鳴き声を聞いたり、「塩場」でサルの爪痕らしき物を目撃した、あの森の目撃談は、現地取材で独自に掴んだ特筆ものの情報です。サルの研究者にも一切知られていませんでした。番組では時間の関係で詳しく紹介できませんでしたが、数多くの住民の証言の中には、実は「しっぽがほとんど無いサル」という意味の「マカク・ビコ」という名前の巨大ザルの目撃例がありました。もちろん既知のサルの写真を見せて慎重に確認しましたが、誰もが絶対に違うと言うのです。しっぽのない巨大ザルが実在したら、それこそ科学の常識を覆す大スクープです。
これまで知られていない何らかのサルがいる可能性は極めて高い。私たちはそんな確信のもと、長期取材を敢行しました。残念ながら番組の放送までには100%満足の答えは出せませんでしたが、無人カメラは現場に仕掛けたままですし、いつかきっとこの謎を解明したいと思っています。
今回の番組で、謎に迫る我々取材班のドキドキ感と、何が潜むかわからないアマゾンの底知れないロマンを感じていただけたなら、制作者としてうれしい限りです。

ディレクター 田所勇樹

このページのトップへ

  • Twitter @nhk_n_sp クリックするとNHKサイトを離れます
  • 見逃さないよう放送予定をメールでお知らせ 「お気に入り番組ウォッチ」
  • NHKオンデマンド 過去の放送をいつでも好きな時間に 視聴することができます。(有料)

NHK ONLINE

Copyright NHK(Japan Broadcasting Corporation) All rights reserved.
許可なく転載を禁じます。