NHKスペシャル内を検索

放送内容

災害

女たちの大震災
~最新医療が迫る 体と心のリスク~

初回放送

総合 2017年1月17日(火)
午後10時25分~11時15分 総合

関連ジャンル

  • 災害

6434名の命が奪われた阪神・淡路大震災から22年。これまで女性特有の被害に焦点を当てた研究はほとんど行われてこなかった。しかし神戸周辺の拠点病院に残されていた被災直後の「入院患者3500人の診察記録」を分析した医師は、ストレスが多い避難所生活で、女性の方が血栓(血管内の血のかたまり)ができやすいことや、脳卒中を発症する割合が急増していたことを解明。 さらに血栓が体内に残り、発症の危険性が長期間続くことも分かってきた。分析結果をもとに試算すると、体内に血栓が生じていた被災女性は推計1万人、22年たった現在も血栓のリスクを抱え続けている人は少なくないというのだ。
一方、女性の心も蝕まれていたことが分かってきた。被災者への大規模アンケート調査では、「震災を思い出して眠れない」という回答が、一貫して男性よりも高い割合を示している。脳科学の専門家は、災害によって体内に生じるストレスホルモンが制御できなくなり、不安感が長期間消えない女性特有のメカニズムを指摘している。
震災から22年間、心身に潜む危険性に気づかないまま、女性たちは体調不良や不安感と向き合ってきたのだ。
番組では、女性の犠牲に気づかぬまま進められてきた「復興」や「防災」のあり方を問い直し、災害列島・日本で、今後どのように女性の心身を守っていくべきか考える。

放送を終えて

関西出身の私にとって、阪神・淡路大震災は忘れ難い記憶です。
空襲を受けたかのように焼け野原となった神戸の姿は、今も鮮烈に思い出されます。

あれから22年、数多くの災害が日本を襲っています。
阪神・淡路大震災の衝撃も、「喉元過ぎれば熱さを忘れる」のごとく、
年々風化し、もはや“過去”になったではないかと感じることもあります。

今回私たちはあえて、「女性」という視点で、あの震災を捉えなおすことを試みました。
これまで余りされたことがないアプローチですので取材は難航しましたが、
結果として、知られざる阪神・淡路大震災の一断面が見えたように思います。

取材・放送を終えて改めて思うのは、
「あの大震災には、まだまだ目を向けないといけないことが存在する」ということです。
私たちがまだ知らない事実や、次の災害で命を守るための教訓が、
22年経った今も、誰かに紐解かれるのを待ったまま埋もれている…と感じます。

その1つでも多くを紐解くことが、犠牲となった方々に報いることにもなり、
かつ次の巨大災害に備えることにもなる。
忙しい毎日に追われ、過去のことはつい忘れっぽくなる自分を戒めながら、
これからも取材を深めていきたいと思います。

ディレクター 先﨑壮

  • この放送回の内容をNHKオンデマンドでご覧いただけます。NHKオンデマンド

このページのトップへ

  • Twitter @nhk_n_sp クリックするとNHKサイトを離れます
  • 見逃さないよう放送予定をメールでお知らせ 「お気に入り番組ウォッチ」
  • NHKオンデマンド 過去の放送をいつでも好きな時間に 視聴することができます。(有料)

NHK ONLINE

Copyright NHK(Japan Broadcasting Corporation) All rights reserved.
許可なく転載を禁じます。