10.聖岳

南アルプスのコースで最後の3,000メートル級の山。レースも終盤となり、選手たちは、歩くのもやっとの状態で登っていく、レースのなかでも難所のひとつとなった。