14.駿河湾・大浜海岸(太平洋)

100人以上の観客が選手たちを出迎えた。なかには1日中待っている家族も。ゴールしても、ほかの仲間を待つ出場者の姿が多く見られた。選手たちは過酷なレースを走りきった互いの健闘をたたえ合い、同じ体験を共有したことで生まれた絆を再確認しているようだった。