NHKスペシャル内を検索

Nスペeyes

新・映像の世紀

新たに発掘された映像、人間と連鎖に期待

「新・映像の世紀」をご覧になっていかがでしたか? 20年前の「映像の世紀」の制作者として新作をどう見たのかは気になります。
今回はもう少し人間にズームインするということ、歴史の連鎖を描くと聞いていたので楽しみにしていました。それが見事に表現されていた73分間でした。ワクワクしながら一視聴者として素直に楽しめました。
20年前の番組を受けて21世紀に放送する番組ということについては?
前作に付加価値をつけたいというのは当たり前の話だし、20年前より技術的にも映像収集力も高くなっているので、担当者は当然のことながらインパクトのある差別化をしたいと思うはずです。前作では簡単に触れるにとどまっていたことを、新シリーズではズームインしている。第1集でいえばアラビアのロレンスから毒ガスを発見した科学者、そしてレーニンまでを第一次世界大戦という舞台にしっかり上げて、そのこと自体が歴史の連鎖を生み出しているということがよく描けていました。科学者が発明した毒ガスは、ベトナム戦争の時代から現在の中東の内戦でも使われているし、ロレンスの裏切りが中東の火種になったという連鎖が出来ている。中東は同じ事を何回も繰り返しているけれど、それはすべて大国のエゴで、あの時もイギリスのエゴが生み出している。そういう連鎖を二つ、三つとズームインしていて、第一シリーズとよく差別化されていると思いました。前作は歴史のメインの動脈部分を描くことに徹しましたが、新作はさらにディテールをクローズアップしていく考え方というのがよく伝わったと思います。
第1シリーズのファンからは、新作のスタイルに違和感を覚えたという声も寄せられましたが。
かつてのヒットしたシリーズものを新しく制作するときの宿命ですね。昔の音楽とナレーション、空気感に浸りたいというのは、ファンであればあるほど望むことです。学生時代に通ったカレー屋さんを訪ねたら、昔と違ってしゃれたお店になっていて裏切られた気分になったり、久しぶりに戻ったふるさとの変化にがっかりするのと同じではないでしょうか。もちろん20年前の前作に愛着を抱いていただけるのはうれしいことです。でも、新作は、編集のスタイル、ナレーションのスタイルなど、20年前には実現できなかったことをやろうとしている。そして何よりも、21世紀の今の時点だからこそ、世界がこうした不安定な状況になっている今だからこそ放送する価値があるんじゃないかと思っています。
  • 新・映像の世紀 01
  • 新・映像の世紀 02
  • 新・映像の世紀 03

新・映像の世紀

「人間の物語、連鎖を」 

寺園慎一プロデューサー

映像で歴史を追体験するという手法は前シリーズと同じですが、新シリーズで目指したのは歴史にあまり興味のない人たちにも見てもらいたいということです。そのために、歴史を動かした人間たちの喜怒哀楽に迫る、手触りのある“人間ドラマ”で訴えかけていきたいと考えています。そしてもう一つ、現代と歴史がいかに繋がり、不思議な因果関係をもっているのか。いま私たちが住んでいるこの世界はどうしてこうなっているのか。その連鎖を伝えていきます。現在の中東の問題、難民の問題、マネーの暴走など、今の世界を覆うものの出発点を、映像の歴史の中に見つけていきます。

アーカイブス映像の検索方法が効率化され集めようと思えば無制限に集められるほど膨大な情報が入手できるようになったことで、前作の11本より少ない6本シリーズですが、扱う映像の量は3倍から5倍になっています。前作と同じように教科書や活字でしか知らない有名な人たちを動く絵で見る面白さを感じていただけたらと思います。

  • 第1集 総合 10月25日(日) 午後9:00
  • 第2集 総合 11月29日(日) 午後9:00
  • 第3集 総合 12月20日(日) 午後9:00
  • 第4集 総合 1月24日(日) 午後9:00
  • 第5集 総合 2月21日(日) 午後9:00
  • 第6集 総合 3月20日(日) 午後9:00

新・映像の世紀

このページのトップへ

  • Twitter @nhk_n_sp クリックするとNHKサイトを離れます
  • 見逃さないよう放送予定をメールでお知らせ 「お気に入り番組ウォッチ」
  • NHKオンデマンド 過去の放送をいつでも好きな時間に 視聴することができます。(有料)

NHK ONLINE

Copyright NHK(Japan Broadcasting Corporation) All rights reserved.
許可なく転載を禁じます。