食材リスト

2017年03月19日 放送 大粒で甘くてホクホク~そらまめ~ (鹿児島・指宿市)

そらまめの生産量日本一の鹿児島県。その中でも半分以上を生産するのが指宿市です。大粒で甘みがあり、ホクホクとした食感が魅力です。指宿では、温暖な気候を生かした栽培法で11月下旬から翌4月中旬まで出荷しています。タレントの松嶋初音さんが産地を訪ね、そのおいしさの秘密に迫りました。さらに産地ならではの意外な食べ方もご紹介しました。

うまいッ!のヒミツ

  • そらまめは放っておくとどんどん伸び続ける性質があります。そこで西山さんは一定の大きさに育ったそらめまの成長点を摘み取り、茎や葉の成長を止めます。栄養分を出来るだけ豆に行き渡らせるためです。

  • この地域の土壌は開聞岳の火山灰土で、ジャリジャリした小石が多く含まれています。通気性が良いので、マメ科植物の根に付く「根粒菌」が成長に欠かせない窒素をたくさん吸収出来ます。そのため豆は大きく育ちます。

食材ハンター

松嶋初音(タレント)

西山さんの「そらまめは、手間をかけただけおいしく育つ」という言葉が印象的でした。実際に食べてみて、地道な作業の積み重ねが本当においしさに繋がっていると実感しました。色々な調理法で味わっていきたいです。

押尾駿吾アナウンサー(鹿児島局)

指宿の新しい名物、そらまめスイーツ。地元の皆さんがそらまめの皮を一つ一つ手でむいている姿に心打たれました。そらまめの大きな粒に地域の温かさが詰まっています。是非、指宿でそら豆スイーツをご賞味あれ!

生産者

西山 茂さん

地元で質の高いそらまめを作ると評判の生産者。「自分からそらまめを取ったら何も残らない」と語るほど、そらまめに対する愛情は人一倍。手間をかけた栽培法で極上のそらまめを作り出します。

専門家・ゲスト

中島純さん

鹿児島県農業開発総合センター・園芸作物部研究専門員。鹿児島県出身。初めてそらまめを見たのは社会人になってから。その大きさに驚き、たちまち虜に。以来、そらまめ研究22年。

お問い合わせ情報

番組でご紹介した「そらまめ」については
NHKふれあいセンターまで
電話:0570-066-066

※西山さんのそらまめを指定して購入することはできません。

IP電話等のお客様で上記のナビダイヤルがご利用になれない場合には
電話:050-3786-5000へおかけください。

ごちそうレシピ

そら豆のさつま揚げ