食材リスト

2017年10月01日 放送 とろけるヘルシー オシャレなサバ (青森・八戸市)

テーマは秋のサバ。今サバはちょっとオシャレなサバ料理の専門店も出現するほどブームなんです。理由はヘルシーでうま味たっぷりなその味。ブームを引っ張るのは女性たちです。ブームの中で注目されているのが、青森県八戸のサバ。極上で新鮮そのもの。その八戸で自慢のサバの食べ方と言えば串焼き。さらに朝市で見つけた1日800個も売れるサバ料理もご紹介。旬を迎えた八戸のサバの魅力に迫りました。

うまいッ!のヒミツ

  • 八戸でいいサバがとれるのは海流が関係しています。八戸沖は親潮と黒潮などが混じり合う海域です。秋水温が20℃を割るとサバのえさとなるイワシなどが集まります。太平洋岸を北上してきたサバは、この豊富なえさを食べ、身にたっぷりと脂を蓄えておいしくなるんです。

  • サバは鮮度が落ちやすいため、網を引き揚げたら素早く氷漬けにします。この時サバは何回かに分けて水槽に入れ、そのたびに氷を入れます。まんべんなくサバ全体を冷やすためです。さらに冷やした海水を入れます。海水がエラなどからサバの体内に入るので、より冷やされて鮮度が維持できます。

食材ハンター

鈴之助(俳優)

僕はじつは大のサバ好き。一時期、あまりにも好きすぎて週5回はサバを食べていました。そんなサバ好きな僕が一番驚いたのは、地元の方に勧められたサバの串焼き。塩焼きとは違って脂ののった身の部分だけを厳選して串にさしたもの。この料理を考えた店主の沢上さんのこだわりに感激しました。

都倉悠太アナウンサー(青森局)

「八戸前沖サバ」は、秋になると最も脂がのり、実がぷりぷりになり美味しくなります。そのサバの魅力をもっと知ってもらおうと、八戸では、「サバ飯コロッケ」「サバのラー油」や「サバのまぜそば」も。皆さんもお気に入りの一品を是非探してみて下さい!

専門家・ゲスト

小林崇亮さん

サバ好きの団体 全日本さば連合会会長  全国のサバを食べ歩き 普及活動も行う。

お問い合わせ情報

番組でご紹介した「サバ」については
NHKふれあいセンターまで
電話:0570-066-066

IP電話等のお客様で上記のナビダイヤルがご利用になれない場合には
電話:050-3786-5000へおかけください。