[BS1] 月曜~水曜 午後11時~ [再放送] 月曜~金曜 午後6時~

2013年416日(火)

5台のカメラが壊された
~パレスチナ~

ヨルダン川西岸地区のビルインで暮らすパレスチナ人エマドは、ありふれた生活を送る一般人。2005年、四男のガブリエルが誕生したのを機に最初のビデオカメラを買った。家族を撮影しようと考えていたエマドだが、やがてそのカメラでイスラエルの入植に対するパレスチナ人の抵抗運動を記録し始める。
入植地はエマドの暮らす村のすぐ近く。最初は鉄条網、やがて壁が作られていく。自分たちの畑にいくのにも、チェックポイントを通らないといけなくなった。将来に不安を感じたエマドたち村人は毎週のようにデモを行い、イスラエルの入植に抗議を行った。
抵抗運動に対するイスラエルの姿勢は苛烈だ。パレスチナ人のデモに対し、イスラエル軍は催涙弾やゴム弾を打ち込み、時に子どもさえ逮捕し連れ去った。エマドはデモに参加しながら撮影を続けるが2010年までの間に5台のカメラが壊されてしまう。中には銃弾を身代わりのように受け止めてくれたカメラもあった。
エマドの家族の姿、平和な村の日々、拡大していく入植地と分離壁、デモに繰り出す村人の怒り、そしてイスラエル軍の銃弾が親友を襲う瞬間・・・。このドキュメンタリーはエマドの5台のカメラが撮影した映像を元に構成されたパレスチナ人たちの抵抗の記録だ。

原題
Five Broken Cameras
制作
Burnat Films Palestine / Guy DVD Films / Alegría Productions (パレスチナ/イスラエル/フランス 2011年)
初回放送
2012年6月19日(火)午前0時15分~
再放送
2013年2月5日(火)午前0時00分~
2013年4月16日(火)午後2時00分~

※放送日時及び放送内容は変更になる可能性があります。最新の放送予定はNHK番組表よりご確認ください。

今後の放送予定

もっとみる

アンコール放送(月〜金)午後6時から

もっとみる