2017年518日(木)

アニメ貧困史
~貧しさはどこからやってきたのか~

「世界から“貧困”をなくしたいなら、まずは貧困の歴史を知る必要がある」。そんな考えをもとに、この番組はアニメーションという手法を使って石器時代から現在に至るまでの貧困の歴史をたどる。そして専門家とともに、貧困をなくすための方策を考えていく。
狩猟・採集生活が営まれていた石器時代。人々はつねに天変地異や疫病によって、貧困や死の危険にさらされていた。初期文明の時代になっても、多くが十分な食糧や医療を受けられず、「世界の人々のほとんどは貧しかった。」と経済学者のJ・サックス氏は言う。やがて“慈善行為”という概念が生まれ、貧困者は救済を求めることができるようになる。そして植民地支配という、略奪による貧困の時代が来る。スペインに征服されたインカ帝国はたちまち土地や家を奪われ、人々はプランテーションや鉱山で働くことを余儀なくされた。そして、産業革命をきっかけに、極貧状態にある人の数が世界で減っていくことになる。ノーベル賞を受賞した経済学者スティグリッツは、「経済が発展すれば誰もが恩恵に預かれるという考え方はナンセンスだ。むしろ、格差は広がっている。」と語っている。歴史にあたることでヒントはあるのか・・・。

原題
Poor Us: an Animated History of Poverty
制作
国際共同制作 NHK / Submarine Productions / Steps International (オランダ/南アフリカ 2012年)
初回放送
2012年11月29日(木)午前0時00分~
再放送
2012年12月5日(水)午後6時00分~
2013年1月1日(火)午後2時00分~
2013年3月21日(木)午前1時00分~
2015年10月16日(金)午後5時00分~
2017年5月18日(木)午前0時00分~

※放送日時及び放送内容は変更になる可能性があります。最新の放送予定はNHK番組表よりご確認ください。