発掘アジアドキュメンタリー
脱北者・安住の地を探して
~韓国~

  • 2013年12月25日(水)午前0時00分~
  • 2014年1月8日(水)午後6時00分~
    2014年1月23日(木)午前0時00分~
    2014年1月30日(木)午後6時00分~
    2015年11月12日(木)午後5時00分~
    2017年3月28日(火)午後11時00分~

北朝鮮を脱出した、いわゆる脱北者の多くが安住の地として目指す韓国。今では2万5000人が暮らすといわれ、その数は増加の一途をたどっている。

中国北部の町。国境の川を渡り、密入国した大勢の脱北者たちが、中国当局の取り締まりを恐れながらひっそりと暮らす。3年間、町に潜んでいた女性と娘は、先に韓国で暮らす夫ののもとに行くことを決意。ブローカーの手を借りて第三国へ脱出するため、1万キロに及ぶ移動を開始する。中国の公安局に捕まれば、北朝鮮に連れ戻される緊迫の道のりだ。

しかし、韓国で暮らせるようになっても、脱北者たちには厳しい現実が待っている。25歳のキム・ソンチョルは、テレビで見た韓国の暮らしに憧れ、4年前に脱北。しかし、職場になじめずケンカを繰り返し、これまで26回も転職した。最近では、北朝鮮に帰ることも考え始めている。また、母を残し単身脱北した21歳のパク・チュミは、韓国の学業水準についていけず、同じ境遇の若者が集まる学校に通っている。インターンとして働きながら、高校卒業資格を得るため勉強に励み、大学進学を目指している。安住の地を求める脱北者たちの葛藤の日々を、オムニバス形式で追う。



番組特別サイトはこちら>>

  • 原題:On the Edge of Heaven
  • 制作:国際共同制作 NHK/KBS/MediaCorp/Independent production Korea co.,Ltd (韓国 2013年)

※放送日時及び放送内容は変更になる可能性があります。最新の放送予定はNHK番組表よりご確認ください。